2022/01/17

02.08 "VISUAL/MUSIC 食堂" : 八雄 Hachio × 仙石彬人 AKITO SENGOKU at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"VISUAL/MUSIC 食堂"
八雄 Hachio × 仙石彬人 AKITO SENGOKU
at UrBANGUILD, Kyoto
2022.02.08 [tue] OPEN / START 19:00
Charge : 
no charge ! カンパ制 1 order

VISUAL :
八雄 Hachio

MUSIC SELECT :
仙石彬人 AKITO SENGOKU
_

Projection Painting, Liquid Lighting, Live Painting, VJ, 映像, 写真, 影絵。アバンギルドにはヴィジュアル表現を使ったアーティストもたくさん出演しています…そんな、"VISUAL/MUSIC"の番外編。

“VISUAL/MUSIC食堂”は視覚と聴覚と味覚を多角的に刺激する、食堂LIVEイヴェントです。

今回は、ペインター 八雄によるレアなプロジェクションセット × ヴィジュアルアーティスト仙石彬人が選曲する音楽。ゆったりのんびりと展開する、実験度が高めな夜。美味しいゴハンやお酒とともにお楽しみください。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2022/01/05

02.05 "FOuR DANCERS vol.214" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演


"FOuR DANCERS vol.214"
at UrBANGUILD,
 Kyoto

2021.02.05 [sat] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,200yen + 1drink / door. 2,500yen + 1drink / dancer. 1,600yen + 1drink
※受付での手指の消毒、及びマスク着用でのご入場をお願い致します。
状況により時間が早まる可能性もございます。

LIVE :
ミズモノ MIZUMONO : 今 貂子 [Butoh] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [Visuals]
今村達紀 Tatsunori Imamura
池端美紀 Miki Ikebata
奥野美和 Miwa Okuno × 藤代洋平 Youhei Fujishiro 

主催 : AccorDance

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2022/01/03

01.29 "PUMA LIVE" at SOCO, Kyoto イベント出演


 "PUMA LIVE"
at SOCO, Kyoto
2022.01.29 [sat] OPEN 18:30 / START 19:00

Charge : 1,000yen + 1drink

LIVE :
PUMA
ieva aka Samuel Andre [Computer Field Recording Surround]
山内弘太 Kota Yamauchi [Guitar]
岡田康孝 Yasu [ContraBass]
大歳芽里 Meri Otoshi [Dance]

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visuals]
_

2016年にスタートしたpumaは、現在では2人のミュージシャン、1人のサウンド・アーティスト、1人のダンサーによって構成されている。 有機的な物語をその場で即興的に創り上げ、滋養と想像力に富んだ一つの心象風景を追うような旅に誘う。


started in 2016 , puma is now the union of 2 Musicians , one Sound Artist and a Dancer that improvise an immersive experimental organic loud ambient body-mind-soulscape natural trip.

* * *
SOCO Kyoto https://soco-kyoto.com/

2022/01/02

01.28 "VISUAL/MUSIC VOLUME.16" at UrBANGUILD, Kyoto イベント開催


"VISUAL/MUSIC VOLUME.16"
at UrBANGUILD, Kyoto
2022.01.28 [fri] OPEN / START 19:00
Charge : adv. 2,200yen + 1drink / door. 2,600yen + 1drink / visual artist. 2,000yen + 1drink

Projection Painting, Liquid Lighting, Live Painting, VJ, 映像, 写真, 影絵。アバンギルドにはヴィジュアル表現を使ったアーティストもたくさん出演しています。“ヴィジュアル/ミュージック”は視覚と音楽の関係性にフォーカスをあて、実験の場として公開する新しいイヴェントです。視覚と聴覚を融合し別の次元に導くこと。或いはひとつに内在するそれらを分断する行為。そのまま夢に出てきそうな光と音の世界へと誘う夜。
_

LIVE :
仙石彬人 AKITO SENGOKU × 神田剛誌 TSUYOSHI KANDA
井上潤一 JUNICHI INOUE × 中川裕貴 YUKI NAKAGAWA
nuee [Drawing Drone]

BGM&M :
井上潤一 JUNICHI INOUE
_


仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
https://akitosengoku.com/
https://www.instagram.com/akitosengoku/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス”TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。2019年12月、インド オディシャ州で行われた”ODISHA BIENNALE 2019”に参加。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。


神田剛誌 TSUYOSHI KANDA

バンドOBOO(オボー)の打弦奏者。ソロや様々なジャンルとのセッション活動も並行して活動中。
_


井上潤一 JUNICHI INOUE

VISUAL/MUSIC の BGM&M 係。DJ、ビデオ上映会セレクター、バンド All L/Rights で奇声を発するなど、活動は多岐に渡る。2018年、初の著書『BARマッチ』刊行。


中川裕貴 
YUKI NAKAGAWA
1986年生まれ、三重/京都在住。演奏と演出をチェロ/電気/適当な録音を使用して行う。演奏行為とそれによって現れる音のあいだに在る「距離」を測ること、また「演奏をしながら自身がそこ/ここでどのように存在するか」を問うこと(またそれへの頓智)をテーマとする。矛盾した行為(動きながら自分で自分についての距離を測る)が発する音楽への襲来と、音楽からの襲来(応答)について。ソロと並行して(中川裕貴)「、バンド」活動や、烏丸ストロークロックを代表とする舞台音楽、その他アーティストのサポートもいくつか行っている。近年のコンサート活動として、「ここでひくことについて(2019)」@京都芸術センター、「アウト、セーフ、フレーム(2020)」@ロームシアター京都サウスホール(ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム“KIPPU”)などがある。

Born in 1986, Yuki Nakagawa plays and performs using the cello, electricity, and various recorded sounds. His work explores the themes of measuring the “distance” that exists between the act of performing and the sound that appears through that act, and investigating how the self can exist “there/here” while playing (as well as quick wit regarding this). Through the act of performance, he reflects on the attack on music that contradictory acts (measuring the distance about oneself, by oneself, by moving) emit and the attack (that is, the response) from music.Alongside his solo career, he also performs as a band, creates music for stage performances by the likes of Karasuma Stroke Rock, and collaborates with other artists.
_


nuee

神戸在住の音響作家、パフォーマー。 電子・非電子の楽器を使った演奏とライブドローイングをプロジェクションした視覚表現を同時に行う。
Twitter https://mobile.twitter.com/nueeofficial
Instagram https://www.instagram.com/nuee__/
Bandcamp https://seratakeiji.bandcamp.com/


* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2022/01/01

01.23 "ヴィジュアル・リミックス・レコード" at 汀 -migiwa-, Kobe ワークショップ 開催


"ヴィジュアル・リミックス・レコード"
at 汀 -migiwa-, Kobe
2022.01.23 [sun] 10:00-1
2:00
料金 : 2,500yen [おかし&作ったレコード付き]
※同伴のご両親もレコードに絵を描く場合は、500円/
枚(材料費)となります。

アーティスト:仙石彬人 AKITO SENGOKU [VISUAL ARTIST]

対象:何歳のこどもでもOK
持ち物:汚れても良い服装
定員:12名程度
_

こどもmeets 7インチレコード!はじめて出会ったレコードの盤面に絵を描いて、ヴィジュアルによるリミックス!完成したらみんなで聴いてみよう。クルクルまわる絵と不思議な音楽、目も耳も楽しい時間を。予期してなかった発見や出会いがあるかもしれません。

https://snack-migiwa.com/artclub/posts?term_id=15

予約方法 :
汀 -migiwa-の Instagram もしくは、contactフォーム から下記内容をお送りください。
お名前(フルネーム) / 参加人数 / 年齢 / 連絡先 (メールアドレスと電話番号)

2021/12/31

01.19 "日高理樹 × 山内弘太 × 仙石彬人 " at 堀川会議室, Kyoto イベント出演

 


"日高理樹 × 山内弘太 × 仙石彬人"
at 堀川会議室, Kyoto
2022.01.19 [wed] OPEN 18:30 / START 19:00
Charge : 投げ銭

LIVE :
日高理樹 RIKI HIDAKA [Guitar]
山内弘太 KOTA YAMAUCHI [Guitar]
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visuals]
_

[PROFILE]

日髙理樹 RIKI HIDAKA
2010年頃から数枚のアルバムを自主制作、また広島・STEREO RECORDSより発表。ソロ活動の他、下津光史率いるGOD、柳瀬二郎のbetcover!!などのバンドに参加。

_

山内弘太 KOTA YAMAUCHI
https://linktr.ee/kkoottaa
1986年生まれ。京都、堀川団地在住。ギタリスト。 歌もの、即興、映像、ダンスとの共演など国内外問わず様々な形態、環境で活動。演奏ではギターから出るあらゆる音をその場で加工し積み重ね配置して音像を作り上げる。 ソロ活動をベースに折坂悠太(重奏), quaeru, LUCA + There is a fox , 川本真琴などのバンドに参加。咖喱山水とのプロジェクト "Sound Meals" や、堀川会議室での音楽イベント主催にも携わる。
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visuals]
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。

* * *
堀川会議室 https://www.instagram.com/kyogokudining/
京都府京都市上京区桝屋町

2021/12/20

12.29 "RINKAITEN Grand Opening Party Day6" at RINKAITEN, Kobe イベント出演

"RINKAITEN Grand Opening Party Day6"

at RINKAITEN, Kobe
2021.12.29 [wed] OPEN 15:00 / CLOSE 22:00
Charge : door. 2,000yen [inc. 1drink]

Special Guest Live :
EP-4 unitP

Guest Live :
O'dley

Guest DJs :
MAKIYAMA (汎芽舎)
WUBQUN
[K]
NuBuck
NOSE
Ushiro
Curl
Kyle

Visuals :
AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]

* * *
RINKAITEN https://www.instagram.com/rinkaiten/
兵庫県神戸市下山手通 2-12-6 Jタワー神戸 3F

2021/11/20

12.24 "聖コロイド vol.9 Colloid × 光響事業『あわい』" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演


"聖コロイド vol.9 Colloid × 光響事業『あわい』"

at UrBANGUILD, Kyoto
2021.12.24 [fri] OPEN 18:00 / START 19:00
Charge : adv. 2,500yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink
※感染対策の為人数制限があります。お早めのご予約をお願いします。
クリスマス特別メニューもございます。

LIVE :
Colloid
http://dron-label.info/colloid/

イガキアキコ Akiko Igaki / violin,vocal
池田安友子 Ayuko Ikeda / percussion,vocal
下村よう子 Yoko Shimomura / vocal
にしもとひろこ Hiroko Nishimoto / guitar,vocal
宮田あずみ Azumi Miyata / contrabass,vocal

VISUALS :
光響事業 ACOUSTIC LIGHT PROJECT
https://akitosengoku.com/projects/acousticlightproject

仙石彬人 AKITO SENGOKU / TIME PAINTING, visuals
村山真平 Shimpei Murayama / camera
山中 龍 Ryo Yamanaka / direction

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2021/11/19

12.18 "correspondence ─ 往復書簡 : program A" at UPLINK 京都, Kyoto イベント出演

"correspondence ─ 往復書簡"
program A : インプロビゼーションのための往復書簡
2021.12.18 [sat] OPEN 20:15 / START 20:30
Charge : 各公演. 3,500yen [入場料+ライブ配信 アーカイブ視聴]

※program A、B、Cはライブ配信も行います。チケット購入、視聴方法など詳細は特設サイトにてご覧ください。
https://www.unknown-silence.com/correspondence
_

沢田穣治、サイモン・フィッシャー・ターナー、森崇。
三人の音楽家による時間と距離を超えた写真と音楽のプロジェクト
『correspondence ─ 往復書簡』が始動。

沢田穣治、サイモン・フィッシャー・ターナー、森崇による新作CD『correspondence ─ 往復書簡』が京都拠点の音楽レーベル「Unknown Silence」よりリリースされます。これを記念して、本作より着想を得て音楽家たちが自ら撮影した写真の展示を京都の映画館「アップリンク京都」にて開催します。沢田、ターナー、森の写真に加え、美術家の中山晃子が三者の写真を用いて制作した短編映像も併せて展示されます。

会期中には『correspondence ─ 往復書簡』で描かれた音像を沢田と森が再構築/刷新することに挑む三つのコンサートを開催。それぞれの公演に音楽家、ダンサー、映像作家といったゲストを迎えます。また、デレク・ジャーマンの映画『BLUE』が上映される夜には、上映後に沢田と同作の音楽を手がけたターナー(リモート出演)のトークセッションを予定しています。

『correspondence ─ 往復書簡』は、約20年前に沢田とターナーがあるダンスパフォーマンスのためにお互いの録音データを郵送し合いながら作り上げた音楽を、エンジニアの森崇がリミックス/コラージュを施し新たな作品として完成させた音楽作品です。時代考証を拒むかのようなフィールドレコーディング音源が多用され、時間の停滞や空白、そして対話と距離の関係をも内包するこのエレクトロアコースティック作品群が、パンデミック以降の日常を生きる私たちの耳に暖かく、心地よく響くのは何故でしょうか。音のみならずさまざまな方法でアウトプットされる彼らの『往復書簡』の最新形を、どうかご体験ください。
_

PHOTO EXHIBITION

沢田穣治、サイモン・フィッシャー・ターナー、森崇による写真展
"correspondence ─ 往復書簡"
at アップリンク京都 映像ギャラリー
2021.12.18 [sat] - 26 [sun] 9:00 - 23:00
入場無料

_

CONCERT

program A :
インプロビゼーションのための往復書簡
2021.12.18 [sat] OPEN 20:15 / START 20:30
Charge : 3,500yen [入場料+ライブ配信 アーカイブ視聴]

LIVE :
沢田穣治 Jyoji Sawada [コントラバス]
渡辺亮 Ryo Watanabe [パーカッション]
森崇 Takashi Mori [サウンドキュレート]
仙石彬人 AKITO SENGOKU [映像]

SPECIAL GUEST :
サキタハジメ Hajime Sakita [ミュージカルソー]
_

program B :
室内楽のための往復書簡
2021.12.25 [sat] OPEN 20:15 / START 20:30
Charge : 3,500yen [入場料+ライブ配信 アーカイブ視聴]

LIVE :
沢田穣治 Jyoji Sawada [コントラバス]
森崇 Takashi Mori [サウンドキュレート]
中山晃子 Akiko Nakayama [映像展示]

SPECIAL GUEST :
向島ゆり子 Yuriko Mukaijima [ヴィオラ]
橋本歩 Ayumi Hashimoto [チェロ]
_

program C :
ダンスのための往復書簡
2021.12.26 [sun] OPEN 20:15 / START 20:30
Charge : 3,500yen [入場料+ライブ配信 アーカイブ視聴]

LIVE :
沢田穣治 Jyoji Sawada [コントラバス]
森崇 Takashi Mori [サウンドキュレート]
中山晃子 Akiko Nakayama [映像展示]

SPECIAL GUEST :
アオイヤマダ Aoi Yamada [ダンス]
_

主催:Unknown Silence
企画・制作:Unknown Silence+倉持政晴
企画協力:BOSCO MUSIC
制作事務:桑鶴麻氣子
宣伝美術:水田十夢 (株式会社ハイファイカンパニー)
配信:N.U.I.project
協力:アップリンク京都



2021/11/14

12.11-19 "茨木映像芸術祭 上映展覧会" at 茨木映像芸術祭特設会場, Osaka 上映会参加


"茨木映像芸術祭 上映展覧会"
at 茨木映像芸術祭特設会場 (茨木区検察庁跡), Osaka
2021.12.11 [sat] - 12.19 [sun] Weekday 13:00-19:00 / Weekend 10:00-19:00

入場無料

[上映展覧開催のお知らせ]
当初6月に予定してました『茨木映像芸術祭 上映展覧会』をこの度12月に開催する運びとなりました。審査によって選ばれたグランプリ作品『A Certain Town in the Days』(谷 耀介)をはじめ、準グランプリ・特別賞・入選作品の計15作品を茨木区検察庁跡を使用して上映します。また本芸術祭の4名の審査員が本芸術祭を語るトーク映像も同時に上映します。みなさまぜひご覧ください!

※JR茨木駅 (東海道本線)より徒歩15分、阪急茨木市駅 (阪急京都線)より徒歩15分
※会場には駐車場がありません。公共の交通機関および近隣のコインパーキングをご使用ください。
_

[​上映作品]

受賞作品 :
グランプリ作品|A Certain Town in the Days|谷耀介
準グランプリ作品|cobalt|水野勝規
特別賞作品|ねじけたつま咲き|gomaora
特別賞作品|MAKE|Nanako Kato
特別賞作品|音景|三木祐子+金崎亮太
特別賞・市民審査賞・グッド賞作品|空蝉|鳥居史郎 ​

入選作品 :
そらくじらと ひとりぼっちのロボット|造形集団 animato
真ん中に向く(スピッツ「快速」)|川口洋子
GUTIC MORPHOLOGY Limited Unlimited Drawing (P35)|山岡敏明
自己PR放送|Omult.Venzer
VISIBLE|AKITO SENGOKU
赤光|長谷川謙之直
TIME|小鳥海ミナミ
Elysium|船木翔央と佐藤祐貴
neighboring|三本木歓​

同時上映 :
茨木映像芸術祭/審査員トーク映像
本芸術祭審査員の木村光佑氏 (造形作家・茨木美術協会会長)、加須屋明子氏 (京都市立芸術大学教授)、おかけんた氏 (よしもと芸人・アートプランナー)、林勇気氏 (映像作家・美術家) が、受賞・入賞作品と本芸術祭について語ります。ゲスト:福岡洋一 (茨木市長)

https://www.819art.com/%E4%B8%8A%E6%98%A0%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A





* * *
茨木映像芸術祭特設会場 (茨木区検察庁跡)
茨木市上中条1丁目7−22