2024/07/08

08.28 “VISUAL/MUSIC VOLUME.18” at UrBANGUILD, Kyoto イベント開催


“VISUAL/MUSIC VOLUME.18

at UrBANGUILD, Kyoto
2024.08.28[wed] OPEN / START 19:00
Charge: adv. 2,400yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink / visual artist. 2,000yen + 1drink

Projection Painting, Liquid Lighting, Live Painting, VJ, 映像, 写真, 影絵。 アバンギルドにはヴィジュアル表現を使ったアーティストもたくさん出演しています。

“ヴィジュアル/ミュージック”は視覚と音楽の関係性にフォーカスをあて、実験の場として 公開する新しいイヴェントです。視覚と聴覚を融合し別の次元に導くこと。或いはひとつに内在するそれらを分断する行為。

そのまま夢に出てきそうな光と音の世界へと誘う夜。
_

VISUAL × MUSIC:
CORONA (Ananto Wicaksono, Yuiho Umeoka, Masafumi Yamamoto)
TAYUTAU kaitai shinsho (にしもとひろこ×イガキアキコ)
AKITO SENGOKU × Yusuke Yamaoka (memencancin)

BGM&M:
井上潤一 Junichi Inoue
_

[PROFILE]

CORONA
(Ananto Wicaksono, Yuiho Umeoka, Masafumi Yamamoto)

大阪を拠点に活動、2019年に結成。メンバーはナナン・アナント・ウィチャクソノ(ダラン)、ユイホ・ウメオカ(ビジュアル)、マサフミ・ヤマモト(サウンド)。伝統芸能ワヤン・クリの音響要素を電子音に変換し、デジタルアートの要素を組み合わせることでビジュアル要素を強化している。パフォーマンスは、古典的なワヤン・クリの物語の理論に基づいていますが、視覚と聴覚を通じて物語の本質的な意味をより深く掘り下げることを目指している。今まで台湾、六本木アートナイト等にて公演実績あり、2023年にはインドネシアのジョグジャカルタにてInternational Wayang Festivalに出演。
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU
[TIME PAINTING, Visuals]
https://akitosengoku.com/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。

楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2020年からは映像や写真など、パフォーマンス以外のメディアにおける光の表現を探求するプロジェクト「光響事業」もスタート。”AMBIENT KYOTO 2023″で展示された山本精一の「Silhouette」や、る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」のMVなどを手がけている。


Yusuke Yamaoka
/ memencancin

自然の音を採取し音響空間を制作 閑室主宰 sonsengochabaccoとのユニット「 メ メ ン カ ン チ ン 」にて ライブや展示等様々なフィールドで活動 主に自作マルチスピーカーシステムを使いサウンドインスタレーション、絵画・映像を交ぜ空間制作を行う
_

井上潤一 JUNICHI INOUE

VISUAL/MUSIC の BGM&M 係。DJ、ビデオ上映会セレクター、バンド All L/Rights で奇声を発するなど、活動は多岐に渡る。2018年、初の著書『BARマッチ』刊行。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

08.18 “今西紅雪, 山内弘太 & 仙石彬人" at 神保町 試聴室, Tokyo イベント出演


“今西紅雪
[Koto], 山内弘太 [Guitar] & 仙石彬人[Liquid Lighting]"
at 神保町 試聴室, Tokyo
2024.08.18 [sun] OPEN 18:30 / START 19:00

Charge: adv. 3,000yen 
inc 1drink & snack / door. 3,500yen inc 1drink & snack

LIVE:
今西紅雪 Kohsetsu Imanishi [Koto]
山内弘太 Kota Yamauchi [Guitar]
仙石彬人 AKITO SENGOKU [Liquid Lighting]
_

[PROFILE]

今西紅雪 Kohsetsu Imanishi

イギリス留学を経て英国を代表するクリエイティブ集団TOMATOの作品への参加や坂本龍一主催イベントへの出演等で音楽活動を開始。 2017年Jazztronik野崎良太主宰musilogueより1stアルバム『秘色の雨』をリリース。同年仏デュオRhizottomeとビジュアルアーティスト仙石彬人と共に仏4都市国立劇場二ヶ所で『庭師の夢』公演を行う。 独自奏法を駆使しPeter Evans、石川高、坂田明他内外の音楽家との即興演奏、藤枝守、薮田翔一他への作品委嘱等、演奏空間と音の関係性、現代ならではの箏の可能性を追求する試みを続け、国内外のあらゆる楽器、非楽器、電子音楽、ダンス、美術や映像作品とのコラボレーション多数。 箏とテルミンのユニット「短冊」他複数のユニットでも活動中。 オリジナル奏法を駆使し、一面の箏から紡ぎ出される豊かで静謐な響きは聴く者に新鮮な体験をもたらす。

https://linktr.ee/kohsetsu

_

山内弘太 Kota Yamauchi

1986年生まれ。京都、堀川団地在住。ギタリスト。 歌もの・映像・ダンスなど様々な形態、環境での即興演奏を活動の基盤とするギタリスト。折坂悠太などのバンドにも参加。堀川会議室などでの音楽イベント企画運営、サウンドエンジニアなど活動は多岐に渡る。

KOTA YAMAUCHI is an experimental guitarist based in Kyoto, Japan. His improvised performances use guitar as the sound source, incorporating pedal effects and found objects. These elements are used to build intricate multi-layered soundscapes which evolve, taking the listener on a journey. He also performs as supporting guitarist for a band, and singer-songwriter.

https://linktr.ee/kkoottaa
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。

楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2020年からは映像や写真など、パフォーマンス以外のメディアにおける光の表現を探求するプロジェクト「光響事業」もスタート。”AMBIENT KYOTO 2023″で展示された山本精一の「Silhouette」や、る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」のMVなどを手がけている。

2024/07/07

08.17 "aromatic music sequences" at POLARIS, Tokyo イベント出演

"aromatic music sequences"
at POLARIS, Tokyo
2024.08.17 [sat] OPEN 19:00 / START 19:30

Charge: adv. 3,500yen + 1drink / door. 4,000yen + 1drink

聴覚と視覚を刺激する香り。三つの感覚を即興でコラボしていきます。

ACT :
日高理樹 [guitar]
安河内秀太 [electronics]
杉本亮 [piano, electronics]
仙石彬人 [TIME PAINTING]
tuuro [調香]
_

日高理樹 | Riki Hidaka
2010 年頃から数枚のアルバムを自主制作、また広島・STEREO RECORDS より発表。 ソロ活動の他、下津光史率いる GOD、柳瀬二郎の betcover!! などのバンドにギターで参加。 石橋英子、ジム・オルークと共に「置大石」(LP,CD)をSTEREO RECORDSより2021年9月にリリース。

https://rikihidaka.bandcamp.com/
_

安河内秀太 | Shuta Yasukochi
東京を拠点とするサウンドアーティスト。シンセサイザーやギター、オルゴール、テープループ、フィールドレコーディング等を組み合わせてアンビエント音楽を制作している。 これまでに、ARCHIVES(スペイン)、Lontano Series(イタリア)、Vaagner(ドイツ)、PURRE GOOHN(日本)からオリジナルアルバムをリリースしている。また、世界中のアーティストとのコラボレーション、リミックス、コンピレーションアルバムにも多数参加している。 さらに、「+A+ 2022」(日本)や、アーティストコレクティブ ‘ETERNAL Art Space’ の一員として、”Noor Riyadh 2022″(サウジアラビア)、”Taif Rose Festival 2023″(サウジアラビア)、 “Immersive Museum Tokyo 2023″(日本)、”Vivid Sydney 2024” (オーストラリア)などのインスタレーションの音楽制作にも携わっている。
_

杉本亮 | Ryo Sugimoto
1988年生まれ、愛知県豊橋市出身。ピアニスト、キーボーディスト、作曲家。 ジャズをはじめ、ブラジルやキューバ、アルゼンチンなどのラテン音楽から電子音楽、即興演奏など幅広いジャンルの音楽を演奏している。 2022年5月にソロアルバム『fragments』をリリース。プラグインのピアノ音源を使用し、そのパラメータ変化も楽譜上に指定しホールにて録音されたソロピアノ作品で、実像と虚像の境目を曖昧にする美しさを提示した。 ボーカリストのyuukitakamiとのユニット「aqubi」を主宰。 その他古川麦、荒内佑、Julia Shortreed、TAMTAMなどのサポートでも活躍中。
_

仙石彬人 | AKITO SENGOKU
[TIME PAINTING, Visuals]
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。

楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2020年からは映像や写真など、パフォーマンス以外のメディアにおける光の表現を探求するプロジェクト「光響事業」もスタート。 "AMBIENT KYOTO 2023"で展示された山本精一の「Silhouette」や、る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」のMVなどを手がけている。
_

tuuro
[調香]
“創る、集う、楽しむ人のためのアロマデザイン”をコンセプトに活動するアロマデザイングループ。ライブイベントを中心に、音楽やパフォーマンス、スタジオ、アトリエなどの時間と空間への調香を行う。

* * *
POLARIS 
https://polaristokyo.com/

2024/07/06

"Hugues Vincent Night vol.2" at UrBANGUILD, Kyoto

"Hugues Vincent Night vol.2"

A Night Dedicated to Hugues Vincent
at UrBANGUILD, Kyoto
2024.08.09[fri] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge: adv. 2,400yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

2009年から、何度もUrBANGUILDに出演してくれたフランス人チェリストのHugues VIncentが、2024年1月に亡くなってしまいました。彼が残してくれた多大なる功績に対し、敬意と哀悼の意を込めて、追悼イヴェントを開催致します。

LIVE:
Kumi IWASE
HOWIE REEVE
ミズモノ: 今 貂子 Tenko Ima [Butoh] + ryotaro [Sound] + 仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, visual]
ヨース毛
中川裕貴
_

[PROFILE]

Kumi IWASE

After starting the saxophone in Japan, Kumi Iwase came to France to study clarinet, jazz, composition and electroacoustic music in Evry’s CRD and with Guillaume Roy, Isabelle Duthoit, Jacques Di Donato, Nicolas Cylinder. She trained to free improvisation in master class with Dominique Piffarely, Joelle Leandre and Benat Achiary. She performed in different projects : saxophone duo and quartet, trio Iki No Ato (saxophone / electroacoustic / painting), duo with cellist Hugues Vincent, electronic project, Trio Yasai (cello /saxopne, clarinette /batterie) voice works with Japanese literature, improvised or written pieces for saxophone solo or saxophone and electronics, moovies-concert …. Her music is played and performed mainly in France , Japan, Taïwan etc…

https://soundcloud.com/kumi-iwase
_

HOWIE REEVE

This 2024 summer tour will be the sixth time of playing concerts in Japan. Last album was a split vinyl with Fukuoka resident Kumio Kurachi: https://howiereeve.bandcamp.com/album/double-rainbow

I have collaborated with Mike Watt (Minutemen/Iggy and the Stooges), Andy Kerr (NoMeansNo), GW Sok (The Ex) and many others. “Unplugged-punk genius Howie Reeve is a linchpin in Glasgow’s DIY community…a breathtaking bass player.” (Nicola Meighan, The Herald) “Life affirming…fragile, funny, oozing with empathy and above all fantastic songcraft.” (James McKay, The Cosmic Dead)“Howie Reeve is a unique and singular figure in the current British underground…delivering a fragmented and dexterous music that takes in post-punk and avant-folk. Increasingly turning to songwriting, he further engages audiences with cryptic, intimate and unsettling lyrics.” – Chris Joynes.

“The DIY gigs in which Howie is involved do feel like acting out on more controllable, microcosmic stage ideals and on how the world should be rather than how it is presented.” (Andrew Neal, Louder Than War, 23/02/2015)

“Howie Reeve’s approach is essentially one divorced from the traditions of ‘making a pop record’…part of a wider tradition of underground troubadours and gleemen, musical ranters and shakers, who hold audiences through their strength of character.” (Richard Foster, The Quietus, 22/02/2021)
_

Photo: 村山真平 Shimpei Murayama [村山企画]
ミズモノ:
今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]

白虎者出身の舞踏家 今 貂子とエレクトロニクスを融合したアコーディオン弾きのryotaro、そしてOHPを用いたヴィジュアルによるライヴパフォーマンス”TIME PAINTING”アーティスト、仙石彬人によって2012年結成。即興ではあるが根底に流れる、それぞれの頭の中にある物語や風景、記憶や想像を一つの作品として体現する。

https://www.youtube.com/watch?v=88tS4QnBHQw

Photo: Hiroshi Minura
今 貂子 舞踏家 / 振付家
今貂子舞踏研究所/舞踏カンパニー倚羅座主宰 ’80年-’94年白虎社に参加。海外及び国内公演に出演、また、衣裳デザイン製作を担当。‘00年ワークショップを母胎に舞踏カンパニー倚羅座結成。’07⁻’16年旧五條楽園歌舞練場にて連続公演。’16年KYOTO舞踏館「秘色」ロングラン上演開始(現在休演中)。‘19年還暦記念「闇の艶」公演(先斗町歌舞練場)。’20年「金剛石-Diamond-」公演(UrBANGUILD)にて、令和2年度文化庁芸術祭優秀賞受賞。以降’21年「愛ノ嵐」、’22年「彗星」を上演しコロナ三部作として結実。23年11月倚羅座舞踏公演「瑠璃坏るりのつき」開催。’24年3月今貂子 飯名尚人共同制作作品「おんなのぼくしさん」アップデート公演開催予定。 日本の芸能の源流にみられる「たまふり(命の活性化)」の力に支えられたアバンギャルドな舞踏の探求を通じ、独自の境地を開拓。

Ima Tenko Butoh dancer, choreographer, director of the Butoh Company KIRAZA, and Ima Tenko Butoh Studio. Participated in Byakkosha from 1980 to 1994. Performed in overseas and domestic performances, and designed and created costumes. In 2000, he formed the butoh company KIRAZA, based on her workshop. Performed at the old Gojo Rakuen Kaburenjo from ’07 to ’16. In 2016 Started long-run performance of “Hisoku” at KYOTO Butoh Kan (currently on hiatus). Performed -KANREKI anniversary- “Yami no Tsuya” at Ponto-cho Kaburenjo in 2019 . In 2020, won the Excellence Prize of the Agency for Cultural Affairs Arts Festival in 2020 for the performance “Diamond” at UrBANGUILD. “LOVE TEMPEST” and “COMET” were performed as part of the Corona Trilogy . Kiraza Butoh performance‘Goblet of Lapis lazuli’Also she began a collaborative project “Onna no Bokushi-san(A female Poster)” with filmmaker Naoto Iina, and is scheduled to perform update version “Onna no Bokushi-san(A female Poster)”in March 2023. Through the exploration of the avant-garde form of Butoh, supported by the Shinto practice of Tamafuri, “reinvigorating the soul,” a practice seen at the heart of Japanese performing arts, Ima Tenko explores the frontiers of her own art and self. As an inheritor of Butoh, Ima Tenko uses Kyoto as a base to breathe new life and vigor into the form.

Photo: Yoshihide Nakazato
ryotaro
[midi-accordion]
エレクトロニクスを融合したアコーディオン弾き。96年からナスノミツル (アルタードステイツ)、三条とおる (EP-4)らの[elements]に加入後、数々のアングラの巨匠達との共演を経て2010年からUrBANGUILDのブッキングを務め、FOuR DANCERS, Velvet Moon等、数々のイヴェントを企画。今貂子、藤條虫丸、マルセロ・エヴェリン、由良部正美、ヤザキタケシ等、共演したダンサーは数知れず。梅津和時らと中山ラビのバックを15年勤め、フランスを中心に海外での活動も精力的に行い、’15年にはHi Seoul Festival 、’19年には釜山国際即興舞踊祝祭、Bridge Dance Festival (Chicago) に招聘される。’10, ’11年と、coba主催のイヴェントに参加。’20年音楽を担当した今貂子舞踏公演「金剛石-Diamond- 」(UrBANGUILD )が文化庁芸術祭優秀賞受賞。2024年より一児の父。

Photo: 村山真平 Shimpei Murayama [村山企画]
仙石彬人 AKITO SENGOKU
[TIME PAINTING, Visuals]

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。

楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2020年からは映像や写真など、パフォーマンス以外のメディアにおける光の表現を探求するプロジェクト「光響事業」もスタート。”AMBIENT KYOTO 2023″で展示された山本精一の「Silhouette」や、る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」のMVなどを手がけている。

AKITO SENGOKU is a projection artist, liquid lighting artist based on Kyoto, Japan. Since 2004 he has performed live shows called “TIME PAINTING”, the theme of “Painting on Time and Space” by using three Overhead Projectors(OHP). He manipulates 3 OHPs as if playing musical instruments. His unique improvised works are provided by being inspired from music, dance, and space as collaboration work. Since he is interested in traditional culture recently, keeps collaborating with them. Since 2020, he has started a new production, “ACOUSTIC LIGHT PROJECT,” which is working with photographer and film director. The project produces music videos, live streaming, photographic works and other media. They are trying to find new expression of light in the video and photo.

https://linktr.ee/akitosengoku
_

ヨース毛
チェロを弾いています。1981年4月21日生。牡牛座。A型。愛知県出身。趣味はチヌ釣りと鮎釣り。屋外裸婦像愛好家。2021年5月〜福井県小浜市のボロ家に移住し、憧れの田舎暮らしを満喫中。アコースティックトリオ”ザッハトルテ”のメンバー
_

中川裕貴 Yuki Nakagawa

1986年生まれ、三重/京都在住の音楽家。チェロを独学で学び、そこから独自の作曲、演奏活動を行う。人間の「声」にもっとも近いと言われる「チェロ」という楽器を使用しながら、同時にチェロを打楽器のように使用する特殊奏法や自作の弓を使用した演奏を行う。音楽以外の表現形式との交流も長く、様々な団体やアーティスト(烏丸ストロークロック、森村泰昌、渡邉尚など)への音楽提供や共同パフォーマンスも継続して行っている。また2022年からは音楽家・日野浩志郎とのDUOプロジェクト「KAKUHAN」がスタートしている。 近年の単独でのコンサート活動として、「ここでひくことについて(2019)」@京都芸術センター、「アウト、セーフ、フレーム(2020)」@ロームシアター京都サウスホール(ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム“KIPPU”)などがある。 令和6年度京都市芸術文化特別奨励者。

yukinakagawa.info

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2024/06/01

07.05 "EVENING NEWS JAPAN TOUR '24" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演


"EVENING NEWS JAPAN TOUR ’24"
at UrBANGUILD, Kyoto
2024.07.05 [fri] OPEN 19:00 / START 19:30

Charge : adv. 2,500yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

LIVE:
EVENING NEWS (AUS)
DOGU (from Colloid)
_

EVENING NEWS
Dan Rock (Beatnik Collective, Gymnastics in the Seventies, Cantrips)とWinton Findlay (Godoggo, Birdsnake)は、新たにChristy Wositzky-Jones (Skinny Wizard, Empress)、Miles Henry (Honey, Claps)を迎え、Evening Newsを結成しました。結成からわずか1年という短い期間で、The National Gallery of VictoriaやWonder Mountain Festivalでのパフォーマンス、Aphex Twinトリビュートライブのキュレーション、そして2022年の東海岸ツアーで高い評価を得ています。

Evening Newsは、ダンスフロア向けの音楽のキュレーション、ライブおよびDJとしての豊富な経験を活かし、馴染み深くも独創的なサウンドを生み出しています。彼らの新作EP『New World』は、メルボルンのシーンに根ざしたハウスやニュージャズのサウンドを取り入れつつ、Jungle、2 Step、IDMの伝説的アーティストであるSquarepusher、Aphex Twin、u-Ziqに強く影響を受けながら、バンドの音楽的な幅を広げています。

Evening Newsは、これまでにない革新的なライブエレクトロニカを届けるアーティストです。
_

Evening News is the new moniker of the instrumental dance/ electronica group formerly known as Beatnik Collective.

As band members have changed so has the music and the name. Dan Rock (Beatnik Collective, Gymnastics in the Seventies, Cantrips) & Winton Findlay (Godoggo, Birdsnake) are now joined by Christy Wositzky-Jones (Skinny Wizard, Empress) and Miles Henry (Honey, Claps). In the short year the band has formed they have performed together at The National Gallery of Victoria, Wonder Mountain Festival, A sold out EP launch in Melbourne, curated a live Aphex twin tribute show as well as a high selling east coast tour in 2022.

Drawing from their experience curating dance floor musics, live and through djing, Evening News have been working to create a sound that is familiar, yet unique. The influences for their upcoming EP ‘New World’ of course incorporate the Melbourne peer influenced house and nu-jazz sounds that you know and love, whilst focusing on, and expanding the sonic landscape of the band. With strong nods to Jungle, 2 step and IDM legends Squarepusher, Aphex Twin and u-Ziq they push boundaries of what a live band can do in crossing over to the realm of the electronic. What was previously exclusive to each art form is now encased in one sound.

“New world” is the upcoming 2024 debut EP of Evening News

“The idea behind ‘New World’ is to take the electronic music that we all love as a band and incorporate those sounds and musical concepts into a live setting. We’re aiming to recreate the sounds faithfully, but doing it in this way is never going to be the same as a fully electronic album, so recording this music, live, all together in one room and using that as the jumping off point for further musical exploration yields interesting sounds that we think are pretty fresh.

Everybody brings something to the table whether it be Wintons unorthodox synth genius or Christy’s crazy keyboard chops, everything works together really cohesively to create something special. Miles especially challenges all of us to create weirder sounds or uncomfortable moments in the record or in the live set, he’s the main purveyor of the lofi sounds or the intense moments you might hear in the music. There’s definitely some residual influence from the last few years of playing in the Naarm soul/ jazz scene but this project is so fun and exciting to all of us, and we’re constantly pushing each other to make new shit, that we hope everyone else can enjoy too.” – Dan Rock

“EVENING NEWS is the truth. It’s not what we are told but how our bodies move to the groove. Jazz feels and improvised reels. Presented by professionals you can trust, the news to be delivered by the funk.” – Chris Gill, Northside Records

_

DOGU
(from Colloid)
「Colloid」メンバーでもある下村よう子、にしもとひろこ、イガキアキコに流動的に演者が出入りする、Colloidスピンオフ的メンバー伸縮自在ユニット。“うた”のチカラを信じています。

※今回のDOGUは「ラングド社」とVISUALに仙石彬人を迎えた特別編成です。

仙石彬人(TIME PAINTING)
ウエッコ(g.&vo.) うえだめめ(sp.&vo.)
下村よう子(vo.) にしもとひろこ(g.&vo.) イガキアキコ(vln.&vo.)

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2024/05/01

05.26 "AkCHANGUILD" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"AkCHANGUILD"
at UrBANGUILD, Kyoto
2024.05.26 [sun] OPEN 14:00 / START 15:00 / CLOSE 20:00
Charge: NO CHARGE / カンパ制 1order

子育てと日常生活、そして表現活動の両立を探る。最近、父親になったUrBANGUILDのブッキングの ryotaro が子育てを始めて、経験した事や疑問に関して、大事な食も含めてゲストをお呼びして、Urラヂオの公開収録を行います。お子様連れ歓迎! Kids Space & ふくい農園の野菜直売もございます! 

仙石彬人
三枝眞希
福井悠平
山口惠子

host: ryotaro

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2024/04/06

05.02 "BuTap" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"BuTap"
Tamango collaborate with MIZUMONO
at UrBANGUILD, Kyoto
2024.05.02 [thu] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge: adv. 2,500yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

LIVE :
Tamango [Tap Dance]
collaborate with
ミズモノ: 今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!

2024/03/15

04.27 "仙石彬人 神田剛誌 松岡恵二 monospin" at space eauuu, Kobe イベント出演

"仙石彬人 神田剛誌 松岡恵二 monospin"
at space eauuu,
 Kobe
2024.04.27[sat] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge: 自由料金制 [1drink order]

LIVE:

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING] + 神田剛誌 (OBOO)
松岡恵二 [DRAWING DRONE] + monospin (まっすぐアタック)

* * *
space eauuu https://spaceeauuu.themedia.jp/
兵庫県神戸市中央区元町通2丁目6−10 ミナト元町ビル3F

2024/03/13

04.13 "poets on the liquid" at eM/PARK 屋上, Kawasaki イベント出演

"poets on the liquid"

at eM/PARK 屋上, Kawasaki
2024.04.13[sat] OPEN 17:00 / START 18:30
Charge : door. 1,000yen

造園家が創作する美しい庭園を舞台に、アナログ映写機器OHPと様々な液体を操るリキッドライティングの手法で独自のアートを描く映像作家が書店背面の巨大スクリーンに自身のアートを投影し、その壁面を背景に音楽家、詩人たちが行うセッション。

屋上庭園の昼とは違った世界をお楽しみください。

Visuals:
AKITO SENGOKU

Poet:

Madoki Yamasaki (F.I.B Journal)
Zen 101

Piano:
Tetsuya Hataya

Erectronic:
ghostinmpc

* * *

2024/03/12

04.11 "Julia Shortreed, 千葉広樹, 山内弘太, 仙石彬人" at 神保町 試聴室, Tokyo イベント出演

2024.04.11[thu] OPEN 19:30 / START 20:00
Charge : door. 3,000yen inc 1drink & snack

LIVE:
Julia Shortreed
千葉広樹 Hiroki Chiba
山内弘太 Kota Yamauchi
仙石彬人 AKITO SENGOKU
_

[PROFILE]

Julia Shortreed

日本とカナダをルーツに持ち、東京を拠点に活動するSSW、サウンドアーティスト。アシッドフォーク、アンビエント、エレクトロを融合させ、ノスタルジックな音と声で紡ぎ出す独自の世界。

2018年に小林うてな、ermhoiと結成されたユニットBlack Boboiとして、今までにBINDIVIDUALより 『Agate』『SILK』を発表。 ソロでは、2021年1月1st アルバム 『Violet Sun』を発表。 翌年品川教会にて、リリースライブを成功させる。

CM、映画への歌唱、楽曲提供の他、cero荒内祐のソロアルバム「Sisei」に作詞、歌唱でも参加する。ベルリン在住アーティスト Rosa Anschütz、ロンドン在住のバンド Ghost In the Tapesとコラボレーションするなど、国内外問わず幅広く活動している。

Instagram: https://www.instagram.com/juliashortreed/
Spolify: https://open.spotify.com/artist/6Swtf1UAGASXEJXnhDRjoc?si=yqYwLHzzR4GSiNFkm4Zm1A
_

千葉広樹 Hiroki Chiba

ベーシスト/作曲家。コントラバスによるクラシカルなサウンドとアトモスフェリックなエレクトロニクスを奏でる音楽家。これまでに4枚のソロアルバムをリリース。

蓮沼執太フィル、優河with魔法バンド、サンガツ、スガダイロートリオなどのメンバーである他、arauchi yu(cero)、優河、Janis Crunch、湯川潮音などのプロデュース、cero、Luca Delphi、古川麦などのアレンジも手がける。

UA、吉田省念、笹倉慎介、Julia Shortreed、渡邊琢磨、古川麦などのサポート、Beatniks(鈴木慶一、高橋幸宏)、YUKI、吉澤嘉代子、王舟、前野健太、吉田省念、古河麦、VIDEOTAPE MUSIC、Kie Katagi(Jizue)などのレコーディングに参加。

主なリリースは 「Hiroki Chiba + Saidrum」(2008) 「Eine Phantasie im Morgen」(2017) 「Nokto」(2018) 「Asleep」(2019)

https://linktr.ee/Hirokichiba
_

山内弘太
Kota Yamauchi
1986年生まれ。京都、堀川団地在住。ギタリスト。 歌もの・映像・ダンスなど様々な形態、環境での即興演奏を活動の基盤とするギタリスト。折坂悠太などのバンドにも参加。堀川会議室などでの音楽イベント企画運営、サウンドエンジニアなど活動は多岐に渡る。

KOTA YAMAUCHI is an experimental guitarist based in Kyoto, Japan. His improvised performances use guitar as the sound source, incorporating pedal effects and found objects. These elements are used to build intricate multi-layered soundscapes which evolve, taking the listener on a journey. He also performs as supporting guitarist for a band, and singer-songwriter.

https://linktr.ee/kkoottaa
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU
 Visuals
https://akitosengoku.com/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。

楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2020年からは映像や写真など、パフォーマンス以外のメディアにおける光の表現を探求するプロジェクト「光響事業」もスタート。”AMBIENT KYOTO 2023″で展示された山本精一の「Silhouette」や、る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」のMVなどを手がけている。 

* * *
神保町 試聴室 http://shicho.org/
東京都千代田区西神田3丁目8−5