2021/11/01

11.23 "KATABLA 2021" at LIVEHOUSE bibi & BAR katakamna イベント出演


"KATABLA 2021"
at LIVEHOUSE bibi & BAR katakamna
2021.11.23 [tue] OPEN 14:00 / CLOSE 24:00

Charge : with flyer. 2,500yen + 1D [500yen] / door. 3000YEN + 1D [500yen]
※14時から17時までにエントランスの方。 bibiで17時以降に使えるワンドリンクTICKET付。

エントランス場所
14:00-17:00 Bar katakamna
17:00-23:00 LIVE House bibi
23:00-24:00 Bar katakamna

リストバンド着用してもらったら、 出入り自由です。 ただし、両店舗の前の道路での立ち話や、通行の妨げになるような行為は、止めてください。 駅近くの広場や、王子公園周辺等 お外散歩などは、いろいろスポットは ございます。お食事も美味しいお店 沢山有ります。是非気軽にスタッフに お訪ねください。
_

LIVE HOUSE bibi 17:00-23:00

LIVE :
Kobeta Piano
サワサキヨシヒロ
Yuri Urano -ambient Live Set-
安堵(&)

VISUALS :
AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]
_

Bar KATAKAMNA 14:00-24:00

DJ :
Hal (halptribe)
Pwu (halptribe)
Nilei (artribe)
Yoshi (artribe)
Indooractive / HANA
Bucco / AOKiss / KNG

ART :
CICADA

FOOD :
Beinelmilel

SHOP :
Music Dept Store
_

[PROFILE]

Kobeta Piano
https://youtu.be/gVhO_m91Bnc
KND (modular system)、Watz Uematsu (drums, percussion)、Shoichi Murakami (piano, synthesizers)によるフリーインプロビゼーション。 ジャズを内包するプリミティブな電子音楽は、古代の記憶と未来の情景を円環する。近日、画家Daijiro Hamaと映像作家Masato Tokumaruのユニット「DAIMARU」とコラボレーションした作品集「dubasik」を公開予定。
_

サワサキヨシヒロ
http://www.sawasaki.jp
1990年代から活動する日本を代表するテクノ・オリジネイター。'94年ベルギーのAPOLLOより「MeditationYS」名義でシングルSlumber/Space Raceを発表し後、数々のエレクトロニックミュージック作品をリリース。 2007年、温泉音楽ワークス「Naturally Gushing」プロジェクトを始動。温泉をテーマにした世界初の環境音楽&映像集「Naturally Gushing DVD vol,1~3」を発表。その一方、SMAPのシングル「スーパースター★」の作詞・作曲(ナイス橋本と共作)、橋幸夫歌唱&みうらじゅん作詞による「ゆるキャラ音頭」の作曲など、各方面でマルチにその奇才ぶりを発揮している。2016年には16年ぶりの本人名義のアルバム「SAWASAKI IS BACK!」、 2017年にはサワサキヨシヒロ&NGEO名義で「エレクトロスパウト!」をリリースし、2019年は25周年アニバーサリーであり、5月に初期のアンビエントテクノの名作『Perfumed Garden』が復刻記念盤としてリリースされ、さらに2021年にはMUSHROOM NOW!名義の1stアルバム『TRAVELLER’S LIGHT』が再リリースするなど、活動が活発である!

NATURALLY GUSHING http://www.naturallygushing.com
_

Yuri Urano
http://yuri-urano.com
自身の声や楽器、自然の音などを巧みにブリコラージュするエレクトロニック・ミュージックアーティスト。独自の世界観と美学が貫き通されたサウンドが高く評価され、ジャンルや国境を越えたグローバルな活動を行っている。2018 年1 月、次世代エレクトロニック・クリエイターオーディション「INTERLUDE from TDME」でグランプリを獲得。同年4 月、なんばHatch にて開催されたライブイベント”Return”ではRyoji IkedaやRADIQ らと共演。その後、イギリスのCPU Records から自身のキャリア初となる12 インチ『Autline』、そして自主レーベルYL より第一弾となる『Reed』をリリースしている。2020 年12 月のMUTEK.JP では、ヴィジュアルアーティストのManami Sakamoto と共にアンビエント/エクスペリメンタルライブセットを披露した。日本の町工場をレーベル化するプロジェクト「INDUSTRIAL JP」への楽曲提供や、TEDxKobe でのサウンドプロデュースのほか、「The Star Festival 2017 "RBMA presents トワイライト・ゾーン"」では謎のセレクター"Ghost Selectors"としてDJ 出演するなど、その多才さを様々なフィールドで発揮している。 
_

安堵(&)
シンガー、キーボーディスト、コンポーザーとして数々のバンドで活動してきたAkane Hattoriのソロプロジェクト「安堵(&)」。2021年9月に5曲入りアンビエントアルバム「sweet sad memories 」を配信リリース。tunecoreオルタナティブ部門で配信総合順位のTOP20チャートインを記録する。ライブではリアルタイムで手弾きしたフレーズをループさせ、シンセやボイスを重ねて即興的に音を構築。時にダンサブルに、時にサイケデリックな音世界を展開する。
_

AKITO SENGOKU
https://www.instagram.com/akitosengoku/
_




* * *
LIVEHOUSE bibi http://house-bibi.com/
BAR katakamna