2019/07/10

09.20-22 きたまり / KIKIKIKIKIKI 新作ダンス公演 マーラー交響曲 第2番ハ短調 "復活" at THEATRE E9 KYOTO, Kyoto 出演

きたまり / KIKIKIKIKIKI 新作ダンス公演
マーラー交響曲 第2番ハ短調「復活」
at THEATRE E9 KYOTO, Kyoto
2019.09.20 [fri] 19:00 / 21 [sat] 19:00 / 22 [sun] 17:00
*開場は開演の20分前、受付は40分前より開始
公開リハーサル:09.19 [thu] 19:00
*開場と受付は開演の15分前より開始 / 記録写真撮影あり

チケット料金:前売一般. 3,300yen / 当日一般. 3,800yen [自由席/日時指定/税込]
公開リハーサル1,800yen [枚数限定・前売のみ]

_

振付家・きたまりがグスタフ・マーラー全交響曲を振付けし完遂するプロジェクト。これまで2016〜17年に交響曲第1番「TITAN」、第7番「夜の歌」、第6番「悲劇的」を2017年夏に閉館したアトリエ劇研にて上演してきた。

今回は、2019年夏に開館したTHEATRE E9 KYOTOで交響曲第2番「復活」全楽章を使用し上演を行う。

コンテンポラリーダンスの第一世代とも言える舞踊家・山田せつ子、次世代を担うダンサー・斉藤綾子、振付家・きたまり自身も出演し、世代の異なる三者の身体の響きと、ヴィジュアルアーティスト・仙石彬人がOHPで描く“TIME PAINTING”の中で、可視化され変容する「復活」をぜひご体感ください。
_

振付・演出:きたまり
出演:山田せつ子, 斉藤綾子, きたまり
ヴィジュアル:仙石彬人 [TIME PAINTING]

使用楽曲:マーラー交響曲 第2番ハ短調「復活」全楽章
上演時間:90分
_


舞台監督:浜村修司
照明:川島玲子
音響:佐藤武紀
衣装:大野知英
楽曲分析:BUNBUN
楽曲アドバイザー:田中宗利 (関西グスタフ・マーラー交響楽 団 音楽監督/指揮)
宣伝写真:村山真平
Artwork:仙石彬人
宣伝美術:KIKIKIKIKIKI
制作:山﨑佳奈子

主催:ダンスカンパニーKIKIKIKIKIKI
共催:THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
協力:ソウルダンスセンター
助成:芸術文化振興基金 公益財団法人朝日新聞文化財団 公益財団法人セゾン文化財団
京都芸術センター制作支援事業

お問い合わせ:きたまり/KIKIKIKIKIKI http://ki6dance.jimdo.com
メール:ki6dance@gmail.com

* * *
THEATRE E9 KYOTO https://askyoto.or.jp/e9

2019/07/09

09.07 "0.003%" at 六本木スペース BILLION ビリオン イベント出演

"0.003%"
2019.09.07 [sat] OPEN 18:30 / START 19:30
Charge : adv. 2,500yen [25名限定 / 要事前予約]
*1階レストラン「一億」にて開演前後、休憩中、飲食ケータリング可能 (開演中はお控えください)
_

何かが生まれるか、空回りに終わるのか。その結果よりもプロセスにこそ何かを見出す可能性があるのではないかと立ち上げた企画「0.003%」。今回は、音とカラダと映像がその存在を確かめ合うところから始めます。 

Performer DANCE :
山田せつ子, 鈴木ユキオ

TIME PAINTING :
仙石彬人

MUSIC :
柳本小百合, 六弦琴
_

[予約・問い合わせ]
予約フォーム : https://my.formman.com/t/mln0/

企画制作 : Suzuki Yukio & rokugenkin

* * *
六本木スペース BILLION ビリオン http://billion-roppongi.com/index.html

2019/07/08

09.06 "LIQUID LIGHT CIRCLE vol.2" at 下北沢 CIRCUS 路地裏のサーカス, Tokyo イベント出演

"LIQUID LIGHT CIRCLE vol.2"
2019.09.06 [fri] OPEN 19:00 / START 20:00
Charge : adv. 2,500yen / door. 3,000yen
※別途ドリンク1オーダーお願いします。

京都を拠点に活躍するTIME PAINTINGの仙石彬人と、東京を拠点に活動するハラタアツシによる、リキッドライトの東西共演、リキッドライトサークルの第二弾! 今回はゲストミュージシャンに、京都を拠点に活動するギタリスト山内弘太、そして国内外の異色なクリエーター3人で構成されたNew tone's third lawが出演!

リキッドライティング :
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]
ハラタアツシ Atsushi Harata

ゲストミュージシャン :
山内弘太 KOTA YAMAUCHI
New tone's third law

_

[PROFILE]

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
https://www.instagram.com/akitosengoku/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス "TIME PAINTING"をはじめる。 楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。
2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。

山内弘太 KOTA YAMAUCHI
https://kotayamauchi.tumblr.com/
1986年生まれ。京都を拠点に活動するギタリスト。 即興演奏、映像、ダンスとの共演など国内外問わず様々な環境で活動する。ソロの演奏ではギターから出るあらゆる音をその場で加工し積み重ね配置して音像を作り上げる。2017年、銭湯で録音したソロギターの音源 "In the Sento" をhoge tapesよりカセットリリース。2019年、デンマークの音楽家 Anders Bachとの即興演奏のライブ音源 “Totem” をWetwearより配信 / カセットリリース。

"In the Sento", 2017

"Totem", 2019
https://kotayamauchiandersbach.bandcamp.com/album/totem
_

New tone's third law
モノの在り方を再構築する、絶対空間 ―― new tone’s third lawは、国内/外で活躍する3人のアーティストにより発足したクリエイティブチームです。人間本来の音楽を体験する喜びを映像・民族性・環境音で表現し、テクノロジーを軸としたデジタル表現が拡散する世の中に、アナログかつより体験的なアプローチを行っています。

Atsushi Harata / Liquid Light
主にオーバーヘッドプロジェクター(OHP)を使い、液体・個体・生き物など様々な素材を即興的に組み合わせ、目に見えない音や感情や空気を、幾重にも重なる光と色彩で動的に即興で描く。鮮やかな色彩だけでなく、宇宙を感じさせる美しい闇や粒子のテクスチャーを生かした質感にこだわり、独自の手法や表現を探求する。その場、その瞬間だけの刹那な絵は、常に偶然と必然の揺らぎの中にあり、そこに生まれる〝初めて〟を求め続ける。
Pioneer DJ 「TORAIZ」のキービジュアルや、柴咲コウ、家入レオ、山内惠介、Suchmos、ソールフラワーユニオン、ぼくのりりっくのぼううよみ、yahyel、箕輪★狂介など多くのミュージックビデオで映像演出。RED WARRIORやMaison book girlなど数多くの音楽ライブ、企業イベントのステージ映像演出などを手掛ける。

Hidetoshi Koizumi / Sound Produce
フランスの老舗アンビエントレーベル「ultimae records」所属。多数のアルバムリリースに加えて、NASAや文化庁の映像、ハイブランドのファッションショー、映画など楽曲提供多数。また、海外の主要フェスにも積極的に出演。現在、パリ・ベルリンを拠点に活動中。

KyuRi / Tabla & Sound Produce
世界的に活躍するタブラ奏者アルナングシュ・チョウドリィに師事。タブラとラップトップを使用した楽曲製作/パフォーマンスを行う。​毎年インド国内有数の文化施設で公演を行い、メディアを通じてインドと日本の架け橋として活動を発信。また、アートと音楽を融合したプロジェクトも多数行なっている。

* * *
下北沢 CIRCUS サーカス

2019/07/01

08.16-18 "駿府城 光のナイト" & "駿府城 夏まつり 水祭" at 駿府城公園 東御門, Shizuoka ナイトプログラム出演

2019.08.16 [sat] - 18 [sun] 18:30-23:00
入場料:無 料
_
こんな駿府城公園、見たことない!夜の駿府城は“光と音”で幻想的に生まれ変わる。

静岡市では、まちづくりの考え方のひとつ「『まちは劇場』の推進」の一環として、「駿府城 光のナイト」を開催します。これは、静岡市の歴史を活かした新たなまちの魅力を引き出すナイトエンターテイメントを開発し、地域経済の活性化を図る取り組みです。駿府城公園内の東御門・巽櫓や、近年の調査で豊臣秀吉が築いた城の天守台と金箔瓦が発見された駿府城跡天守台発掘調査現場を舞台に、ライトアップと音、パフォーミングアーツの融合による演出で、「この時」しか味わえない特別な風景を創りだし、夜の賑わいを創出します。いつもとは違う幻想的な駿府城公園を、どうぞお楽しみください。

この夏、3日間だけの特別な駿府城公園の夜をあなたもぜひ体験してください!!「まちは劇場 ON STAGE SHIZUOKA」は、静岡のまちを楽しく演出します。

_

OHPを使ったライブビジュアルパフォーマンスとエレクトロユニット「ocotoron」、ギタリストの山内弘太さんの演奏とのコラボレーションで東御門が幻想的に彩られます。同じ演出は2度ない、絶えず変化し続けるその場限りの物語を是非お楽しみください。和風手品師 izumaさんとのコラボレーションも必見です。
_

駿府城公園 東御門中庭『タイムペインティング』
●8月16日 [金]
18:30-23:00 タイムペインティング + BGM (オコトロン)

8月17日 [土 ]
18:30-21:00 タイムペインティング + BGM (オコトロン)
21:00-21:30 仙石彬人 × オコトロン
21:30-22:00 IZUMA
22:00-22:30 仙石彬人 × 山内弘太
22:30-23:00 IZUMA

8月18日 [日]
18:30-21:00 タイムペインティング + BGM (オコトロン)
21:00-21:30 仙石彬人 × 山内弘太
21:30-22:00 IZUMA
22:00-22:30 仙石彬人 × オコトロン
22:30-23:00 IZUMA

* * *
駿府城 夏まつり 水祭 http://www.at-s.com/sumpujo-natsu/index.html

2019/06/30

08.13 "400" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"400"
at UrBANGUILD, Kyoto
2019.08.13 [tue] OPEN 17:30 / START 18:30
Charge : adv. 2,500yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

LIVE :
山本 啓 (Nabowa)
SHIN KOKAWA solo (jizue)
Reprépirer
Bomb birds ya!
中西浄華 (puspa)
Rentaro Yamada
仙石彬人 [TIME PAINTING, Visual]

小山恵莉 [書家]
tronc [香り]
_

山本 啓 (Nabowa)
バイオリニスト。クラシック以外の要素を表現できる珍しいタイプのバイオリニストとしてジャンルを問わず沢山のアーティストの作品やライブに参加。またCM音楽やNHKドキュメンタリー番組のBGMなどを制作する作曲家でもある。バイオリン以外にギターも使い、ループやエフェクトを駆使したソロライブも全国各地で高評価を得る。インストバンドNABOWAのメンバーとして数々の 作品を発表。FUJI ROCKをはじめとする大型フェスや各地のライブハウスを中心に、国内外でライブを行う。京都に持つ自身のプラ イベートスタジオ「THE GATE」で日々研究を重ねる。
_

SHIN KOKAWA solo (jizue)
jizueのdrummer 粉川 心によるソロプロジェクト。他者の干渉を削ぎ落とし、純粋な自己表現のみを求め、行き着いたのはテクノロジー時代に逆行する生楽器の持つ原始的な倍音と、合奏に縛られない自由表現。木と、皮と、金属と、身体のみ。その場かぎりの感情を即興演奏に落とし込み、瞬間の自分を映し出す打楽器による独奏。2015年よりソロ活動をスタート。活動開始から間もなく現在進行形ロンドンクラブジャズ界のレジェンド4HERO、DEGOの京都公演をサポート。さらにMASSIVE ATTACKと並び英ブリストルミュージックを牽引し続けるROBSMITHのJAPANツアーにも参加。日本勢にはTHA BLUE HERBからDJ DYE、zettaimuからKURANAKA a.k.a. 1945らと共に東京、京都公演を盛り上げた。その後も全国各地のオーガナイザーからオファーが寄せられ鋭意活動中。
_

Reprépirer (ルプレピレ)
コントラバスプレイヤー、岡田康孝のソロプロジェクト。improvisationと呼ばれる、楽譜などに依らず、即興で作曲、編曲を行う演奏方法を用い、コントラバス一本で独自の世界を作り上げる。時には弓で繊細に、そして時にはディレイ、ルーパーを駆使し、コントラバス一本から奏でられる音とは思えない幅と迫力あるパフォーマンスが魅力の一つ。“息を吸うように表現を” 頭に広がるイメージで様々な空間を音で彩り、コントラバスと共に、歌うように表現する。
_

Bomb birds ya!
Bomb birds ya! とは、“とても魅力的な女性、それは(フロアで揺れる)あなただ!” という思いを詰め込めたスラングの意訳。Psychedelic, Ethnic, Dub, Afro, Brazil, Tribal,  Breakbeats, House, Techno, HIPHOP, Jazz, Organic, Drone, スクリーンから聴こえてくる様な音。地球のどこにいるのかわからなくなってもらいたい。Hop & Shake your hip❤︎ By Sunsun, Dondon 2018年始動。
_

中西浄華 (puspa)
puspa-tap.com
タップダンスで世界大会1位、コンテンポラリーダンスで国際大会1位の実績を持つ、希代のダンサー。Dance World Cup Open Duet / Trio Tap 金メダル、イタリア国際バレエ Professional Contemporary1位優勝。異ジャンルの魅力を掛け合わせた優雅かつエネルギッシュなタップパフォーマンスを武器に、姉妹タップデュオ「華~puspa~」として国内外で活躍中。
_

Rentaro Yamada
打ち込みやサンプリングを駆使したメロディや複雑なビートで予測不能なサウンドを生み出す。ブレイクビーツやジャングル、またアンビエントと言った様々な音楽に影響を受ける。そういった音楽を彼のフィルターに通し消化され作られた音楽は独特な雰囲気と世界観を持ち、リスナーを飽きさせない、今注目の京都出身、若手トラックメイカー。

_

仙石彬人 [TIME PAINTING, Visual]
https://www.instagram.com/akitosengoku/
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

_

小山恵莉 [書家]6歳より書家の祥洲氏に師事。2015年よりグループ展に参加し、本格的に作家活動を開始。翌年の2016年に自身の初個展となる「未熟/未来」を京都にて開催。これまでに、フローリストととのインスタレーション作品の展示やアパレルデザイナー、CGクリエイターとのグループ展を行う。伝統的な書を学ぶ中で現代的な表現を取り入れる等、自分にできる表現の可能性を探求している。
_

tronc [香り]
香りと記憶、空気感と香り…様々な表情、奥深さを持つ香りの世界、五感に働きかけるアロマの世界に魅了され香りの活動中。純度の高いハイグレードな精油で魅惑的な空間を演出。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F

2019/05/07

07.28 "QUALIA" at NOON+CAFE, Osaka イベント出演

"QUALIA"
at NOON+CAFE, Osaka
2019.07.28 [sun] OPEN 12:00 / CLOSE 19:00
Charge : adv. 2,000yen + 1drink / door. 2,300yen + 1drink / 小学生-18歳. 700yen
[未就学児無料 / 場内禁煙 / お子様連れ大歓迎]
2階に授乳やオムツ替えできるスペース、ママとキッズのためのゆったりくつろげるスペースをご用意しております。 

DJ :
サトウセイゴ (miraco)
DJ A-Mu (A Big Step Records)

DANCER :
AYA / FUKUI / he-rock / UTB (WVE,Beramys)
Frookies
Aya Ifakemi Yem + TaDachan
大阪ロマンチカ
unanuca

VISUAL :
仙石彬人 [TIME PAINTING]

LIVE :
QUALIA special session!!
啓太郎 [K-106] × Hide × dancers × 仙石彬人

SHOP :
sariee
miraco
merci campa
パン人
パオのベトナムあれこれ屋さん
リサのまえがみ屋

FOOD :
サッチェズカリー
grigio e ao
水玉コーヒー

占い :
クリスタルふみこ

PA :
和田真也

* * *

2019/05/06

07.21 "Sense of Nostalgia" at Bonna roo cafe, Kobe イベント出演

"Sense of Nostalgia"
at Bonna roo cafe, Kobe
2019.07.21 [sun] OPEN 18:30 / START 19:30
Charge : 投げ銭+1ドリンクオーダー

LIVE :
KOTA TAKI [from BANGKOK, THAILAND]
AKITO SENGOKU

Guest Artist : 

* * *
Bonna roo cafe http://bonnaroocafe.com/

2019/05/05

07.19 "VISUAL/MUSIC VOLUME.12" at UrBANGUILD, Kyoto イベント出演

"VISUAL/MUSIC VOLUME.12"
at UrBANGUILD, Kyoto
2019.07.19 [fri] OPEN / START 19:00
Charge : adv. 2,000yen + 1drink / door. 2,400yen + 1drink / Visual Artist. 1,500yen + 1drink

VISUAL :

MUSIC :
瀧 康太 KOTA TAKI [from BANGKOK, THAILAND]

BGM&M :
井上潤一 JUNICHI INOUE
_

Projection Painting, Liquid Lighting, Live Painting, VJ, 映像, 写真, 影絵。 アバンギルドにはヴィジュアル表現を使ったアーティストもたくさん出演しています。 “ヴィジュアル/ミュージック”は視覚と音楽の関係性にフォーカスをあて、実験の場として 公開する新しいイヴェントです。視覚と聴覚を融合し別の次元に導くこと。或いはひとつ に内在するそれらを分断する
行為。そのまま夢に出てきそうな光と音の世界へと誘う夜。
_

[PROFILE]

仙石彬人  AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス"TIME PAINTING"をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。


瀧 康太 KOTA TAKI [amatuti dub drawing space] from Bangkok
1998年、ビクターエンターテインメントと専属アーティスト契約。1999年、メジャーデビュー。同時期にソロプロジェクト ”amatuti dub drawing space”の活動を開始。siamese解散後は神戸を拠点に、Freestyle Looping Guitaristとしてソロ活動を展開。ビジュアルアーティストやダンサー、DJ、アフリカンドラマー等々のジャンルを超えたメンバー構成による【異空間の構築】をコンセプトにした”CLUB CHAOS KOBE”、 “cocoon”、 “Chill Out In Space” 等のフリーフォームセッションプロジェクトを主催。2012年、東南アジアのタイに移住。2年間の活動停止期間を経てタイの首都バンコクにて演奏活動を再開。現在はタイ各地で年間80本ほどの演奏を行い、フェスティバル出演やアートシーンでのコラボレーション、映像作品への音楽提供等を行う。2016年よりバンコクにて”Rendezvous”、”improv”、”CHAOS JAM BKK” というフリーフォームセッションイベントを主宰。2006年にリリースした ”TRIP IN SUMMER” 以来ライブ活動のみで作品のリリースをしていなかったが、2019年1月、タイのチェンライにてアジアのアンダーグラウンドミュージックを世界に配信することをコンセプトに設立されたローカルレーベル “Unfamiliar Environments” の第一弾作品として一発録音の即興音源「Into a Dose 微睡」をリリース。コレクターズアイテムとして限定100本のオリジナルカセットテープを発売した。
_

井上理緒奈 RIONA INOUE
1993生まれ。8人兄弟。改造したターンテーブル、ホログラム、クリスタルなどの立体物と光をビデオカメラで撮影し、それらの映像をリアルタイムで重ねていくヴィデオコラージュ。独特な手法で作られる作品はデジタルとアナログの間の妙な質感が特徴的。ジャンルを超えたアーティストとの共演や海外ツアーなど、活動の場を拡げている。

児玉真吏奈 MARINA KODAMAhttps://kodamamarina.jimdo.com/
シンセサイザーと声。浮遊感のある楽曲が特徴。2017年12月に自身初となる全国流通盤アルバム「つめたい煙」をP-VINEよりリリース。2018.10月にGEZANのレーベル・十三月主催の「全感覚祭」に出演。 2018年11月には吉岡哲志、浜田淳とのエレクトロニックユニット”Sawa Angstrom”名義でも海外限定版EP「DdTPt」を発表し、フランス、ベルギー、ドイツ、デンマーク、台湾5カ国をまわるツアーを開催。様々なミュージシャンとの音の交わり、絵の個展や洋服、アクセサリー作家の展示会でライブをおこなうなど、多岐にわたる彼女の活動はソロ・ユニット両方要 注目。
_

中西朝美 ASAMI NAKANISHI
1993年生まれ、アニメーション作家。コマ撮りアニメーションを軸とした映像作品、また日々の中で撮影した写真を用いたインスタレーションやパフォーマンスなど、ジャンルを問わず活動する。美術ユニット今今(konkon)のメンバー。

山内弘太 KOTA YAMAUCHI
1986年生まれ、京都市在住、ギタリスト。即興演奏、映像、ダンスとの共演など国内外問わずあらゆる場で活動する。ソロの演奏ではギターの音をその場で加工し積み重ね配置して音像を作り上げる。2017年、銭湯で録音したソロギターの音源 "In the Sento" をhoge tapesよりカセットリリース。2019年、デンマークの音楽家Anders Bachとの即興演奏のライブ音源 “Totem” をWetwearより配信 / カセットリリース。
_

井上潤一 JUNICHI INOUE
"VISUAL/MUSIC"のBGM&M係。DJ、ビデオ上映会セレクター、バンド All L/Rights で奇声を発するなど、活動は多岐に渡る。昨年、初の著書『BARマッチ』刊行。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F

2019/05/04

07.15 "瀧 康太 JAPAN TOUR 2019" at environment 0g [zero-gauge], Osaka

"瀧 康太 JAPAN TOUR 2019"
2019.07.15 [mon] OPEN 18:00 / START 18:30
Charge : door. 2,000yen [inc 1drink]

LIVE :
瀧 康太 feat. 仙石彬人
Nobuhiro Okahashi [NANIWAAMBIENT]
Konstructal
kazuto yokokura
_

瀧 康太 KOTA TAKI -amatuti dub drawing space-
Electric guitarist (musical improvisation) / Composer / song writer

バンコク在住の日本人ギタリスト。幼少時にクラッシックピアノを10年間学ぶ。PUNK ROCKに衝撃を受けバンド活動を開始。同時に作詞、作曲、すべての楽器演奏をひとりでこなした多重録音によるオリジナル音源の制作を始める。1999年にビクターエンターテインメントよりsiamese としてメジャーデビュー。siameseが活動停止となった2004年より複数のループマシンを駆使して音を紡ぎだすFreestyle looping guitarist としてソロ活動を開始。2006年にamatuti dub drawing space名義でソロCD【TRIP IN SUMMER】を発表し、西日本を中心に各地で1500本以上の即興演奏、セッションを行う。2011年にタイに移住し、現在はタイの首都バンコクを中心に活動している。西日本ツアー後はタイ北部チェンマイ、パイ、チェンライ、そしてインド各地でライブとセッションを行う。ツアー終了後は10年ぶりのソロ作品とバンコクのミュージシャンたちとのコラボレーションアルバムの制作を開始。2016年2月よりタイのインディーシーンを代表するバンド Stylish NonsenseのメンバーでありPanda Record 、Noise Marketを運営するWannarit (aka Pok) Pongprayoonと共に即興ジャムセッションショー【CHAOS JAM BKK】を主催している。

FB PAGE : https://www.facebook.com/kota.amatuti.taki?ref=hl
_


仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

http://akitosengoku.blogspot.jp/
https://www.instagram.com/akitosengoku/

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス "TIME PAINTING"をはじめる。 楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。
_

Nobuhiro Okahashi [NANIWAAMBIENT]
大阪在住のアンビエント作家。ブラックメタル、ドローン、ノイズの要素を独自に消化したアンビエントミュージックを奏でる。アンビエント~ノイズ~即興~ドローン~その他、様々なエクスペリメンタルな音楽に焦点をあてたイベント「NANIWAAMBIENT」を毎月、主宰している。
https://www.facebook.com/Nobuhiro-Okahashi-1481061392189595/https://soundcloud.com/nobuhiro-okahashi

https://soundcloud.com/nobuhiro-okahashi
_

Konstructal
HipHop,Ambient,Jazz,Minimal,ProgRock,Krautrockなど、多くのジャンルに魅了された、ラッパー”漸朗”とトラックメイカー”NoSun”はシンセサイザーの生演奏を軸に2018年6月に「Konstructal」を結成。
https://www.youtube.com/watch?v=CaRV4_nTIHc

_

kazuto yokokura
テクノとの出会いにより、音楽をよく聴くようになり、制作も志すようになって今に至る。 感情表現というよりも、音による空間の構築に重きがあり、その時々で面白いと感じる音を取り入れながら、活動を続けたいと思っている。
https://soundcloud.com/kzt-ykkr



* * *
environment 0g [zero-gauge] https://nuthings.wordpress.com/
大阪府大阪市西区南堀江3丁目 6-1