Schedule 2020

TIME PAINTING LIVE 2020
■ お問い合わせ・ご予約については、各会場のURLリンクをご確認ください。
.......................................................................................................................................

"FOuR DANCERS vol.172 -dance performance night-"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.08.18 [tue] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 1,900yen + 1drink / door. 2,300yen + 1drink / dancer. 1,400yen
 + 1drink

LIVE :
ミズモノ : 今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]
今村達紀
市川まや
仙波 晃典

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"竹仙豊衛 takeiyamahouei" ワンマン・ライヴ
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.08.11 [tue] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,300yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink
※30名様限定となります。

LIVE : 
竹仙豊衛 takeiyamahouei
are
竹ち代毬也 Mariya Takechiyo [Dance]
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING]
豊田奈千甫 NATIHO TOYOTA
スティーヴ・エトウ Steve Eto
_

[PROFILE]

竹仙豊衛 takeiyamahouei
are 竹ち代毬也, 仙石彬人, 豊田奈千甫, スティーヴ・エトウ


「たけぃやまほうえい」と読む。竹、仙、豊、衛の4人組。2019.09.16 UrBANGUILDにて、同名イベントで「海老」と「地図」を上演しデビュー。

竹ち代毬也 Mariya Takechiyo [Dance]

1992年、現代美術から舞踏に興味を持ち舞台活動を始める。「体の在り方」に興味を持ちながらダンサー、演出家、 振付家として関西を中心に活動。ダンス、演劇、ミュージシャンなど様々なジャンルのアーティストとのセッション や外部作品の出演など多数。 2013年より毎年滋賀県のお寺でダンス、演劇、音楽、落語など表現者と、ご住職の説法と手作り市など様々な人が 集うイベント「東光寺アートフェスタ」のディレクターと細々とした雑用を行う。 好きな言葉はDEAD OR ALIVE!
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならない その場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティスト とのコラボレートワークを活動の場としている。

2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者 の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、 浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。
_

豊田奈千甫 NATIHO TOYOTA

関西を拠点にコンテンポラリーダンス、演劇、パフォーマンス、アートインスタレーションや映像の音楽を制作。 「Dance Company BABY-Q」、ノンバーバルパフォーマンス「ギア」、「VACUUM ZONE」(東野祥子)、「プロ ジェクト・ノオトオン」、『ハムレット」(HEPホール) などの音楽を担当。 エレクトロニカ、ロック、ジャズ、 アンビエント、ノイズ、民族音楽などを昇華し、空間を立体的に考察したサウンドデザインを行う。 ソロではPCとドラム、パーカッションを使って演奏し、画家やパフォーマー、映像作家、ライブミュージシャン ともセッションを重ねる。 2018年9月にSamuel Hällkvist & Natiho Toyota『Suzuran no Wakare』をデジタルリリース。
_

スティーヴ エトウ Steve Eto

1958年LA生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄。弟は和太鼓奏者レナード衛藤。 1964年初来日?80年代よりバンド活動を始め、爆風銃(バップガン)、PINK、PUGS、デミセミクエーバーなどで活動。 演奏家としては小泉今日子のデビューツアーから始まり藤井フミヤ、COMPLEX、大黒摩季など多くのアーティストを サポート。この十余年は奄美群島にただならぬ縁を感じ、ハブ皮工芸品店 原ハブ屋奄美 公認はぶ大使として各地で奄 美に関わるイベントなどを立ち上げたり、出身アーティストとのコラボなどを行なっているがハブの全国普及につとめ ているわけではない。 布袋寅泰の東大寺公演、堂本剛の薬師寺や奈良市でのロングラン公演をきっかけに2015年 奈良 へ移住。二月堂 修二会の仲間を務めるという奈良活も。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

[配信LIVE]
"Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. / 仙石彬人 [TIME PAINTING, Visual〜映像]"
from Osaka
2020.08.04 [tue] START 19:00どなたでもご覧になれますが、投げ銭(支援)があるとスタッフ一同、助かります! [投げ銭はコチラ] (8/5~23時迄)

配信はムジカジャポニカのYoutubeチャンネルより08.04 19:00から↓
https://www.youtube.com/channel/UCjJvzZ5u10XJRzgfLSlhESA/
_

LIVE :
Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.

VISUAL :
仙石彬人 AKITO SENGOKU
_

Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O.
1995年、河端一を中心に「魂の共同体 Acid Mothers Temple」 結成と同時に結成。1997年、PSF Records (Japan) より1stアルバムをリリース、 英Wire誌にて年間ベストアルバムに選出される。 1998年、ライヴ活動を開始、初の欧米ツアー。 その後、世界中の様々なレーベルより膨大な枚数の作品を発表、 現在約100余枚のアルバムをリリースしている。また1998年以来、 毎年欧米諸国を中心に精力的にツアー、最近はアジア圏や国内ツアーも。 サイケデリック・オリジネーターであるGONG、GURU GURUとの合体、 Simeon (Silver Apples)、Nik Turner (ex.Hawkwind)、 Geoff Leigh (ex. Henry Cow)、ダモ鈴木 (ex.Can)、 南仏オクシタン・トラッド歌手Rosina de Peiraとの共演なども行う。 国内に於いても、あふりらんぽ、吉田達也 (Ruins)、山崎マゾ (Masonna)、 山本精一 (ex.Boredoms)、栗山純 (ex.The Ox)等と共演。

当初は大所帯バンドとして、不定形な正に共同体的なメンバー構成であったが、 ツアーを重ねるうち、ツアーメンバーを根幹にレギュラーメンバーが定着していった。 またAcid Mothers Templeの名を冠する他のバンド(AMT & The Cosmic Inferno, AMT SWR, AMT & The Space Paranoid, Acid Mothers Gong, Acid Mothers Guru Guru等) も異コンセプトの下、結成されたが、 この「AMT & The Melting Paraiso U.F.O.」が「AMT宗家」と異名をとるように、 その活動の中心バンドとして機能している。

結成21年目の2016年、大幅なメンバーチェンジを経て「Next Generation」と銘打ち、 結成からの20年を第1章と位置づけ、その歴史の第2章の扉を開けた。 国内外にて年間100本以上のライヴを行い、「Glastonbury Festival」を始め、 特に海外にて多くのフェスティバルにも出演。 現在のツアーメンバーは、河端一、東洋之、砂十島NANI、S/T、ジョンソンtsuの5名。 The group will play folky-set as “Chaotic Cosmic Chanson” in this night! この夜は「Chaotic Cosmic Chanson」と銘打たれたフォーキーセットを披露の予定。

* * *
ムジカジャポニカ http://musicaja.info/
.......................................................................................................................................

"光響楽団 / ACOUSTIC LIGHT ORCHESTRA #01"
GUEST : やぶくみこ
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.07.14 [tue] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,000yen + 1drink / door. 2,500yen + 1drink
※30名様限定となります。

GUEST :

VISUAL :

ポストパンデミックとともにはじまったヴィジュアルアーティスト 仙石彬人による新プロジェクト「光響 / ACOUSTIC LIGHT」。

UrBANGUILDの空間からの影響を最小限に抑え、空間に溶けこむ前の「光の響き」そのものをみせる新しい試みです。6月「UrSENGOKU食堂.」にて3回の無音でのライヴ・インスタレーションを経て、新イベントに発展。その名も「光響楽団」!

第1回目は、音楽家のやぶくみこさんをゲストに迎えての2ステージ。ステージ前面に張られたスクリーンに映し出される「光の響き」とそれに反響する「音の響き」。光響と音響のオーケストラをお楽しみください。
_

[PROFILE]

やぶくみこ Kumiko Yabu
音楽家/作曲家。京都市在住。 1982年岸和田生まれ。2007年 文化庁新進芸術家海外派遣制度を受け、英国ヨークにて研修。2010年 英国ヨーク大学大学院修了(コミュニティーミュージック)。2011年 インドネシア政府給付奨学制度を受け、インドネシア国立芸術大学ジョグジャカルタ校にて研修(伝統音楽)2018年度 国際交流基金アジア・フェローシップを受けタイにて研修。テーマは「多様性を認めるアジアの即興音楽」。

東南アジアや中東の民族楽器を中心に国内外の舞台音楽の作曲、演奏や他ジャンルとのコラボレーション多数。また即興音楽を軸にした作曲ワークショップを日本、ヨーロッパ、東南アジアなどで多数行っている。淡路島にて野村誠と「瓦の音楽」を2014年より監修。即興演奏と作曲を軸にしたガムラングループSekar Gendisを主宰。2015年にガムラン・グンデルによるソロアルバム「星空の音楽会」を発表。2017年イタリア人美術作家ダリオ・モレッティ、音楽家 野村誠との共作「うつくしいまち」を発表。同作品を2018年に水戸芸術館、2019年にさいたま彩の国芸術劇場、イタリアのトリノ、ミラノで公演。
_

仙石彬人  AKITO SENGOKU

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス "TIME PAINTING"をはじめる。楽器を演奏するかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。2019年12月、インド オディシャ州で行われた”ODISHA BIENNALE 2019”に参加。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................


Ur SENGOKU 食堂. Vol.16
"光 響 / ACOUSTIC LIGHT” LIVE INSTALLATION & SHOOTING
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.06.23 [tue] OPEN / START 19:00
Charge : DONATION!! [カンパ制 / 1ORDER]

仙石ソロ、無音、ふたたび。

このところずっと、「光響」について考えていました。
音が空間に響くように、光も響いている。
空間とコミュニケーションをとりながら、光の「ひびき」をつかまえたい。

パフォーマンスというよりも、インスタレーションに近い内容です。
ゆるやかに、ずっと光を焚いておこうと思ってます。

ゆっくりと再び動きはじめたUrBANGUILDの空間で、いまのタイミングでしかできないココロミ。
少しずつ、またLIVEイヴェントができるように。少しずつ、動きはじめます。

19:00から、いつ来てもいつ出ても、自由。
光が響く空間のなかで、おいしいゴハンやドリンクをお楽しみください。

VISUAL :
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

Ur SENGOKU 食堂. Vol.15
"光 響 / ACOUSTIC LIGHT” LIVE INSTALLATION & SHOOTING
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.06.10 [wed] & 11 [thu] OPEN / START 19:00
Charge : DONATION!! [カンパ制 / 1ORDER]

仙石ソロ、無音、2days。

このところずっと、「光響」について考えていました。
音が空間に響くように、光も響いている。
空間とコミュニケーションをとりながら、光の「ひびき」をつかまえたい。

パフォーマンスというよりも、インスタレーションに近い内容です。
ゆるやかに、ずっと光を焚いておこうと思ってます。

ゆっくりと再び動きはじめたUrBANGUILDの空間で、いまのタイミングでしかできないココロミ。
少しずつ、またLIVEイヴェントができるように。少しずつ、動きはじめます。

19:00から、いつ来てもいつ出ても、自由。
光が響く空間のなかで、おいしいゴハンやドリンクをお楽しみください。

VISUAL :
仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"Urラヂオ食堂"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.05.28 [thu] OPEN 12:00 / START 19:00
Charge : NO CHARGE!! 1 ORDER ※人数が多数の場合は入店をお断りする事もございます
_

UrRADIO公開収録

GUEST :
仙石彬人 AKITO SENGOKU
山内弘太 KOTA YAMAUCHI
_

緊急事態宣言解除され休業要請は解かれましたが、引き続き営業自粛要請は受けるライヴハウス・・。UrBANGUILDは多角的アートスペースですが・・少しづつ慎重にかつ面白く、イヴェントを再開したいと思っております。 とりあえずは前回、5月1日に宮沢孝幸 准教授 (京都大学ウイルス・再生医科学研究所)、福西次郎 (UrBANGUILD代表)のお二人をお呼びしたのに続き、UrBANGUILD支援プロジェクト KeepUrBANGUILDの運営スタッフ、その中からまずは京都在住である仙石彬人、山内弘太のお二人をお迎えしてUrRadioの収録を行いたいと思います。

UrBANGUILD ブッキング ryotaro

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"くまこあら vol.6"
オコトロン カセットテープ リリースしちゃうよパーティー
2020.04.05 [sun] OPEN / START 16:00
Charge : door. 1,000yen

LIVE :
オコトロン
仙石彬人

* * *
鴨江アートセンター http://www.kamoeartcenter.org/
.......................................................................................................................................

"VISUAL/MUSIC VOLUME.14"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.04.03 [fri] OPEN / START 19:00
Charge : adv. 2,400yen + 1drink / door. 2,800yen + 1drink / visual artist割. 2,000yen + 1drink

LIVE :
CORONA
仙石彬人 AKITO SENGOKU × イガキアキコ Akiko Igaki (Colloid, たゆたう, 四日目バンド)

BGM&M :
井上潤一 JUNICHI INOUE
_
Projection Painting, Liquid Lighting, Live Painting, VJ, 映像, 写真, 影絵。アバンギルドにはヴィジュアル表現を使ったアーティストもたくさん出演しています。 “ヴィジュアル/ミュージック”は視覚と音楽の関係性にフォーカスをあて、実験の場として公開する新しいイヴェントです。視覚と聴覚を融合し別の次元に導くこと。或いはひとつ に内在するそれらを分断する行為。そのまま夢に出てきそうな光と音の世界へと誘う夜。
_

[PROFILE]

CORONA
インドネシアジョグジャカルタの伝統芸能であるワヤンの使い手であるANANTO WICAKSONOと液体内で化学反応を発生させたものをリアルタイムで映像化するeyekotanabeと音響の山本雅史の3人で結成。現在は関西を中心に活動。
_

仙石彬人  AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]
2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス "TIME PAINTING"をはじめる。

楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならないその場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティストとのコラボレートワークを活動の場としている。

2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。2019年12月、インド オディシャ州で行われた”ODISHA BIENNALE 2019”に参加。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。
_

イガキアキコ Akiko Igaki
音楽家・作曲家・ヴァイオリニスト。CFや映像作品、ダンス、演劇、ファッションショーなどあらゆる分野への楽曲提供やアレンジ、即興演奏を行っている。メインバンド「たゆたう」「Colloid」の他、幅広いジャンルでサポート演奏も行う。

最近では文化庁あにめたまご2019『ハローウィーゴ!』の音楽や、笠谷圭見監督による障害者施設「やまなみ工房」のアーティストたちのドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』(2018)の音楽を制作、国内外でロングラン上映中。
_

井上理緒奈 RIONA INOUE
1993生まれ。8人兄弟。改造したターンテーブル、ホログラム、クリスタルなどの立体物と光をビデオカメラで撮影し、それらの映像をリアルタイムで重ねていくヴィデオコラージュ。独特な手法で作られる作品はデジタルとアナログの間の妙な質感が特徴的。ジャンルを超えたアーティストとの共演や海外ツアーなど,活動の場を拡げている。
_

genseiichi
ミュージシャン/アーティスト、サウンドデザイナー、マスタリングエンジニア、an epic主宰。 

04年audio visual unit “a snore.”を結成。京都を中心に活動する。10年よりソロ活動をスタート。12年にデビューアルバム「Hello,my friends.It's me」(shrine.jp)をリリース。これまでにCD、Cassette、Vinyl、Digital合わせて8作品をリリースしている。15年に活動の拠点をberlinに移し、19年末に帰京する。

ソロ活動開始時よりElektronのハードウェアを使用している。シームレスな音の変化こそシンセサイザーの特徴としライブではアナログ機材のみで演奏する。精密に作られたテクスチュアルかつリズミカルな音楽は目に見えるような立体音響と現実的な音像風景を表現する。

15年にmoanyuskyのデビューアルバム「scapes album」にマスタリングエンジニアとして参加。11年には音響エンジニアとしてのキャリアをスタート。これまでに夕暮れ社 弱男ユニット、akakilike、sirloinなど演劇、ダンス、ファッションショーの音響エンジニアを務める。また、12年に一見 正隆監督作品の映画に楽曲を提供するなど活動の場を広げる。

17年に彼がDurusinと共に主宰するレーベルan epicより初のコンセプトアルバム「ordinary」をリリース。これを機に8都市を回るasia tourを開催する。現在Nude EPを制作中。
_

井上潤一 JUNICHI INOUE
VISUAL/MUSIC の BGM&M 係。 DJ、ビデオ上映会セレクター、バンド All L/Rights で奇声を発するなど、活動は多岐に渡る。 昨年、初の著書『BARマッチ』刊行。
_

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"Velvet Moon vol.148 -蟲姫祭 Mushi Hime Matsuri-"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.03.03 [tue] OPEN 19:00 / START 19:30
Charge : adv. 2,400yen inc 1drink / door. 2,900yen + 1drink

今年の3月3日は、長年UrBANGUILDを盛り上げてくれたサンダーボルト蟲姫こと、Caitlinが京都を離れる事になりました。この日は蟲姫祭!!!
LIVE :
ERIKA RELAX, 肉野ハラ美, サンダーボルト蟲姫 [pole dance]
ミズモノ : 今 貂子 [舞踏] + ryotaro [sound] + 仙石彬人 [TIME PAINTING]
s l o n n o n × sonsen gocha bacco
林里佳

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"満腹食堂"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.02.25 [tue] OPEN / START 19:00
No Charge!! カンパ制 1order

LIVE :
24hour Munchee’s session
もぐらが一周するまで

VISUAL :
仙石彬人 AKITO SENGOKU

BGM :
福西次郎, 森川博文, 井上潤一

チラシ :
福西次郎

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"幻影玉響VJフェス"
at spazio rita, Nagoya
2020.02.23 [sun] OPEN 17:45 / START 18:00
Charge : adv. 3,500yen + 1drink / door. 4,000yen + 1drink

LIVE :
福居ショウジン × ドラびでお
仙石彬人 × Masayoshi SAKAGUCHI
ハラタアツシ × 矢儀哲也
JAYSON a.k.a. Sinarisama (Festa Sinarisama) × National
CORONA
HAKAAKI × Nanshiki Noise
Shinpal × 進入禁止 (VJ)

* * *
.......................................................................................................................................

2020.02.22 [sat] 月見ル君想フ 16:15-17:45 / 銕仙会 19:15-20:15
前売チケット:¥7,000 (ドリンク代別途)
_

BIG ROMANTIC JAZZ FESTIVALは、青山・表参道エリアの5会場を使った、行き来自由のサーキットフェスティバルです。ライブレストランとして歴史あるCAYと南青山MANDALA、話題のライブハウスWALL&WALL、そして満月輝く月見ル君想フに加え、屋内能楽堂、銕仙会を会場として使用、ワクワクする音楽体験を演出する。27組のライブ演奏以外にも、会場装飾やコラボレーションによる演出など、盛りだくさん。また当日配布予定のオリジナルマップを片手に、会場を行き来しながら、街に出会い、隠れた魅力を再発見しよう。
_

出演情報 :
仙石彬人 AKITO SENGOKU [Liquid light Art]

Collaborate with
Yasei Collective & 空間現代 (会場 : 月見ル君想フ / 16:15-17:45)
Stars and Rabbit (会場 : 銕仙会 / 19:15-20:15)
_

_

[出演アーティスト]
 
MUSIC :
山下洋輔, Chara + Kan Sano, YAKUSHIMA TREASURE (水曜日のカンパネラ×オオルタイチ), Sun Rai (Rai Thistlethwayte / from AUS), Stars and Rabbit (from IDN), The Steve McQueens (from SGP), 林 以樂 (雀斑 / SKIP SKIP BEN BEN / from TWN), Power Milk (from CHN), MKS (from KOR), Kan Sano, ものんくる, i-dep, あっぱ, 臼井ミトン, F.I.B JOURNAL,  YOSSY LITTLE NOISE WEAVER, Yasei Collective, CRCK/LCKS, showmore, Saigenji,  BimBomBam楽団, MIDORINOMARU, Nao Kawamura, 別所和洋, 高井息吹 + 石若駿, 空間現代, Fontana Folle

ART :
上野雄次 [華道家], 近藤康平 [ライブペインティングパフォーマー/絵描き], 熊谷拓明 [ダンス劇作家], 仙石彬人 [Liquid Light Art], 助川貞義 & ハラタアツシ [Liquid Light Art], Tommy Returntables [DJ], 20WATT [DJ], Kosuke Harada [DJ]

_

BIG ROMANTIC JAZZ FESTIVAL 2020 概要
2020年02月22日 開催
会場:CAY, WALL&WALL, 銕仙会, 南青山MANDALA, 月見ル君想フ

総合受付:COMMUNE DOME内 (受付・リストバンド交換) 
時間:リストバンド交換10:30〜
会場OPEN:11:30
_

前売りチケット 購入リンク :

オフィシャルホームページ https://www.bigromanticjazz.com/

* * *
月見ル君想フ http://www.moonromantic.com/
.......................................................................................................................................

"Enter the void / GUEST : 竹仙豊衛"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.02.02 [sun] OPEN / START 19:00
Charge : adv. 2,500yen + 1drink / door. 3,000yen + 1drink

LIVE :
Enter The Void
are 山本精一, 勝野タカシ, PON2, 仙石彬人

竹仙豊衛
are 竹ち代毬也, 仙石彬人, 豊田奈千甫, スティーヴ・エトウ

DJ :
井上潤一
_

[PROFILE]

Enter The Void
are 山本精一, 勝野タカシ, PON2, 仙石彬人

“BOREDOMS” “ROVO” “PARA” “羅針盤” ほか多数のバンド / ユニット / ソロワーク / コンポーズ など多岐にわたって活躍するギタリスト 山本精一。”KATSUNOVA” “DOMINGO” ほかセッション / ソロワーク等々の活動するマルチミュージシャン 勝野タカシ。”SOFT” “24Hours Munchies Sessions” のほか、多数のセッションも支えるドラマー PON2。

2012年、3人がギターからシンセサイザー、ベースからカリンバ、ドラムからエレクトロなど楽器を持ち変え、有機的に場面を展開するライブセッションを開始。その後、OHPを駆使したヴィジュアル・アーティスト "TIME PAINTING"の仙石彬人が参加し、多次元な表現を獲得する。

2015年、TIME AND SPACE PROJECTIONSより1st album "∞" をCD+VIDEOの形態でリリース。2017年、"Enter The Void”に改名、SAICOBABと共演。今回のUrBANGUILD公演が、およそ3年ぶりのパフォーマンスとなる。

_

竹仙豊衛 takeiyamahouei
are 竹ち代毬也, 仙石彬人, 豊田奈千甫, スティーヴ・エトウ

「たけぃやまほうえい」と読む。竹、仙、豊、衛の4人組。2019.09.16 UrBANGUILDにて、同名イベントで「海老」と「地図」を上演しデビュー。

竹ち代毬也 Mariya Takechiyo [Dance]

1992年、現代美術から舞踏に興味を持ち舞台活動を始める。「体の在り方」に興味を持ちながらダンサー、演出家、 振付家として関西を中心に活動。ダンス、演劇、ミュージシャンなど様々なジャンルのアーティストとのセッション や外部作品の出演など多数。 2013年より毎年滋賀県のお寺でダンス、演劇、音楽、落語など表現者と、ご住職の説法と手作り市など様々な人が 集うイベント「東光寺アートフェスタ」のディレクターと細々とした雑用を行う。 好きな言葉はDEAD OR ALIVE!
_

仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]

2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、リキッドライティングの技法を用いたライヴ・ヴィジュアル・パフォーマンス “TIME PAINTING”をはじめる。楽器を演奏をするかのように3台のOHPを同時に操りながら紡がれる光の絵は、絶えず変化し続け2度と同じにはならない その場限りの物語を描く。LIVEという表現方法にこだわり、あらゆるジャンルのミュージシャンやダンサー、アーティスト とのコラボレートワークを活動の場としている。

2017年01月には国際交流基金の助成を受け、約一ヶ月におよぶフランスツアーを実施。フランスのデュオRhizottome、箏奏者 の今西玲子との公演「庭師の夢」を4都市にて上演。また、アートを通じたこどもの教育活動にも積極的に取り組んでおり、 浜松 鴨江アートセンターや金沢21世紀美術館など、全国各地でこども向けWS「じかんに絵をかこう」も行なっている。
_

豊田奈千甫 NATIHO TOYOTA

関西を拠点にコンテンポラリーダンス、演劇、パフォーマンス、アートインスタレーションや映像の音楽を制作。 「Dance Company BABY-Q」、ノンバーバルパフォーマンス「ギア」、「VACUUM ZONE」(東野祥子)、「プロ ジェクト・ノオトオン」、『ハムレット」(HEPホール) などの音楽を担当。 エレクトロニカ、ロック、ジャズ、 アンビエント、ノイズ、民族音楽などを昇華し、空間を立体的に考察したサウンドデザインを行う。 ソロではPCとドラム、パーカッションを使って演奏し、画家やパフォーマー、映像作家、ライブミュージシャン ともセッションを重ねる。 2018年9月にSamuel Hällkvist & Natiho Toyota『Suzuran no Wakare』をデジタルリリース。
_

スティーヴ エトウ Steve Eto

1958年LA生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄。弟は和太鼓奏者レナード衛藤。 1964年初来日?80年代よりバンド活動を始め、爆風銃(バップガン)、PINK、PUGS、デミセミクエーバーなどで活動。 演奏家としては小泉今日子のデビューツアーから始まり藤井フミヤ、COMPLEX、大黒摩季など多くのアーティストを サポート。この十余年は奄美群島にただならぬ縁を感じ、ハブ皮工芸品店 原ハブ屋奄美 公認はぶ大使として各地で奄 美に関わるイベントなどを立ち上げたり、出身アーティストとのコラボなどを行なっているがハブの全国普及につとめ ているわけではない。 布袋寅泰の東大寺公演、堂本剛の薬師寺や奈良市でのロングラン公演をきっかけに2015年 奈良 へ移住。二月堂 修二会の仲間を務めるという奈良活も。

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

saunaparty presents
"IMPULSE RESPONSES FROM THE NEW NIGHT"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.02.01 [sat] OPEN 18:30 / START 19:00
Charge : door. 2,000yen + 1drink

LIVE :
Ivan
Sawa Angstrom + 井上理緒奈
saunaparty + 仙石彬人 [TIME PAINTING, Visual]

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F
.......................................................................................................................................

"照井利幸 2020 / Winter. SOLO LIVE tour “IMPULSE"
at UrBANGUILD, Kyoto
2020.01.22 [wed] OPEN 19:00 / START 20:00
Charge : adv. 3,850yen + 1drink / door. 4,400yen + 1drink

LIVE IMPULSE with ART と題し、仙石彬人氏とのコラボレーションが決定! 

演奏者 : 
照井利幸 Toshiyuki Terui

TIME PAINTING : 
仙石彬人 AKITO SENGOKU
_

照井利幸 Toshiyuki Terui www.weld-music.com
1990年、Blankey Jet Cityのベーシストとしてデビュー。2000年、10年にわたる活動に終止符を打ち解散。2001年以降 ROSSO, RAVEN, TWIN TAIL, PONTIACSなど日本ロックシーンをリードするバンドやプロジェクトにおいて、独創的なベース アプローチを披露し第一線で活躍。

2008年、活動の幅を広げるべくアーティスト集団 WELDを立ち上げると同時に結成したSignalsにおいて、その豊かな音楽性がさらに躍動。2008年 Signals 1stアルバム「Lapis Sky」、 2009年 Signals 2ndアルバム「光と影と人工衛星 “the light, the shadow, the satellite”」、 2010年 初の個人名義ソロ1stアルバム「FLOAT」、2011年 Signals 3rdアルバム「NAKED FOOL」、 2013年に広島県尾道に単身移住し、約1年をかけ創り上げた作品群は2014年発表のソロ2nd Album「What I Think About The World」として圧巻の仕上がりをみせる。

近年では、映画監督 豊田利晃の作品「泣き虫しょったんの奇跡」で音楽を担当するなど表現の幅を広げている。その全ての活動において、一貫して自身の音に徹底的に真摯に向き合う姿が窺え、その眼差しは今なお音楽の可能性・未来を見据えている。2019年、Signalsの8年ぶりの新作となる4th Album「Moon Fiction」2部作品が遂に完成。 

* * *
MULTIDISCIPLINARY ART SPACE!
UrBANGUILD アバンギルド  http://urbanguild.net/
京都市中京区木屋町三条下がるニュー京都ビル3F